「ダークナイト ライジング」ビジュアル公開 ノーラン監督3部作完結へ | アニメ!アニメ!

「ダークナイト ライジング」ビジュアル公開 ノーラン監督3部作完結へ

クリストファー・ノーラン監督による大ヒット作『バットマンビギンズ』、『ダークナイト』に続く、シリーズ3作目『ダークナイト ライジング』

ニュース
Darknightriginng.jpg クリストファー・ノーラン監督による大ヒット作『バットマンビギンズ』、『ダークナイト』に続く、シリーズ3作目『ダークナイト ライジング』が2012年夏に公開される。この『ダークナイト ライジング』のポスタービジュアルが公開された。8月13日より全国の主要劇場に姿を見せる。また、同日に特報映像の公開もスタートする。
 このポスターはビルの谷間から空を見上げたアングルで、そこにはスタッフも出演者の情報も、さらに映画のタイトルさえないという異例のもの。しかし、よくみれば、切り取られた空のかたちがバットマンのマークと同じであることが分かると凝っている。これまでのバットマン映画の常識を打ち破った演出で話題を集めた『ダークナイト』のこだわりが、新作『ダークナイト ライジング』にも引き継がれる。

 2008年公開の前作『ダークナイト』は、バットマンシリーズにより深いドラマ、そして社会性を持ちこみ世界的な大ヒットとなった。全米興収は『タイタニック』に次ぎ公開当時歴代第2位の5億3334万ドル。映画ファンであれば誰もが口にするほどの作品となった。
それに続く『ダークナイト ライジング』は、鬼才クリストファー・ノーラン監督によるバットマンシリーズ3部作 の最終章とされる。主演はバッドマン/ブルース・ウェイン役のクリスチャン・ベールほか、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマンとお馴染みの豪華出演陣が揃う。さらにキャット・ウーマン役にアン・ハサウェイ、ベイン役にトム・ハーディと大物俳優も登場する。

 本作のストーリーは、バットマンの復活であるとされている。「ライジング」の中には日の出の意味が込められている。新たな悪の登場により、前作で罪を被り、闇に消えたバットマンとその復活を望むゴードン警部のエピソードとなる。
 ただし、細かな設定はいまだ明かされていない。撮影はピッツバーグ、ニューヨーク、ロサンゼルスといった米国の都市のほか、インド、イングランド、スコットランドなどでも行われた。ダークナイトの最後の物語に注目だ。
画像: (c)Warner Bros. Ent. All rights reserved.

『ダークナイト ライジング』
/http://www.darkknightrising.jp
2012年夏、全国ロードショー

[スタッフ]
監督: クリストファー・ノーラン
製作総指揮: ベンジャミン・メルニカー/マイケル・E・ウスラン/ケビン・デ・ラ・ノイ
製作: エマ・トーマス/チャールズ・ローブン/クリストファー・ノーラン
脚本: デビット・S・ゴイヤー/クリストファー・ノーラン
撮影: ワリー・フィスター
美術: ネイサン・クロウリー
衣装: リンディ・ヘミング
音楽: ハンス・ジマー

[キャスト]
ブルース・ウェイン(バッドマン): クリスチャン・ベール
セリーナ・カイル(キャット・ウーマン): アン・ハサウェイ
ベイン: トム・ハーディ
ミランダ・テート: マリアン・コティアール
アルフレッド: マイケル・ケイン
ゴードン警部: ゲイリー・オールドマン
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集