劇場版「仮面ライダーオーズ」 松平健が吉宗役で出演 | アニメ!アニメ!

劇場版「仮面ライダーオーズ」 松平健が吉宗役で出演

ニュース

matukenooo.JPG 8月6日公開の劇場版『仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』で、異色のコラボレーションが実現する。人気俳優の松平健さんが、自身の当たり役 八代将軍・吉宗として映画本編にゲスト出演する。
 松平健さんの役どころは、徳川家という素性を隠し貧乏旗本の三男 徳田新之助として江戸にはびこる悪に立ち向かうというお馴染みの設定だ。時代劇のヒーローと特撮のヒーローが、一体どの様に絡むのか?吉宗と『仮面ライダーオーズ』の映司やアンクの共闘はあるのか?興味の尽きないところだ。
 
 劇場版『仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』は、毎回人気の「仮面ライダーシリーズ」の最新劇場作品だ。『仮面ライダーオーズ』としては、『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE』、『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』に続き、劇場3作目となる。こちらも人気の戦隊シリーズの劇場版『海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船』同時上映となる。
 近年、特撮作品の劇場版は人気が拡大しており、映像関係者から注目を浴びている。今回は幅広い層で人気を誇る松平健さんの登場で、さらに話題になりそうだ。

 松平健さんとのコラボレーションは、もうひとつある。映画の主題歌「手をつなごう~マツケンラ仮面ライダー サンバ~」も松平健さんが担当する。映画のフィナーレを飾る主題歌は、松平健の大ヒット曲「マツケンサンバ」を彷彿させる陽気なサンバテイスト。
 ダンスの振付には、「マツケンサンバ 」の真島茂樹さん。楽曲には映司とアンクも参加、さらにミュージックビデオも制作される。仮面ライダーと吉宗で再びサンバブームを仕掛けることになる。「手をつなごう~マツケンラ仮面ライダー サンバ~」は8月3日に発売予定だ。
画像: (c)2010 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

劇場版『仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』
2011年8月6日より全国東映系で公開
/http://www.ooo-gokai.jp/

手をつなごう~マツケンラ仮面ライダー サンバ~
アーティスト:松平健 feat.映司&アンク (C.V. 渡部秀・三浦涼介)
作詞:藤林聖子 作曲、編曲:鳴瀬シュウヘイ 
2011年8月3日発売

仮面ライダー avex SOUND WEB
/http://mv.avex.jp/rider_sound/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集