衛星放送アワード・アニメ部門にアニマックス「赤の肖像」 | アニメ!アニメ!

衛星放送アワード・アニメ部門にアニマックス「赤の肖像」

ニュース

 社団法人衛星放送協会が、2011年よりスタートした衛星放送協会オリジナル番組アワードがこのほど発表された。衛星放送協会オリジナル番組アワードの目指すのは、衛星局のオリジナル番組製作の促進、認知向上である。同時にアワードを通じて、有料・多チャンネル放送の社会的な役割、多様なエンターテインメント番組の提供を実現する。
 第1回となった今年は、ドラマ部門、ドキュメンタリー部門、バラエティ部門、アニメ部門、ミニ番組部門、中継部門、編成企画部門の7部門が設けられた。このなかのアニメ部門アニメ関連番組を対象としたオリジナル番組賞アニメ部門最優秀番組に、アニマックスブロードキャスト・ジャパンが制作した「赤の肖像 ~シャア、そしてフロンタルへ~特別編」が選ばれた。

 幅広いファンから人気の『機動戦士ガンダム』シリーズを切り口に、人気キャラクターのシャア・アズナブルの視点から独自の構成とした番組だ。『機動戦士ガンダム』から『機動戦士Zガンダム』、『機動戦士ガンダムZZ』、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』、『機動戦士ガンダムUC』の流れを紹介し、シャアの目線から宇宙世紀を総括する内容となっている。
 シャア・アズナブル役の声優池田秀一を主演に、オリジナル脚本を作成、キャラクターの心の変遷も追う。作品をこれまでと異なったかたちで楽しむ新感覚のアニメーションとなった。
 審査員講評によれば、オリジナル・ストーリーの完成度の高く、ガンダムファン以外でも見応えのある独立した作品として評価できる、日本のアニメ文化の奥深さを感じさせる作品と評価されている。

 このほかアニメ部門には、3作品がノミネートされた。いずれもテレビアニメシリーズである。海外の人気スーパーヒーローを日本のアニメスタジオの手で映像化したアニマックスの『マーベルアニメ「アイアンマン」』、そしてキッズステーションで放映された『ドラゴンクライシス!』、NHK衛星で放映された『心霊探偵八雲』である。
 オリジナルのアニメ番組は、在京キー局を中心に地上波局の影響が強い。しかし、放送の多極化につれて、近年は衛星・CS発の番組も増えている。そんななかで誕生した衛星放送協会オリジナル番組アワードは、今後のテレビアニメの動きを観るにも興味深いものとなるかもしれない。

衛星放送協会オリジナル番組アワード 

[オリジナル番組賞アニメ部門]
■ 最優秀番組
    「赤の肖像 ~シャア、そしてフロンタルへ~特別編」
    (アニマックスブロードキャスト・ジャパン)
■ ノミネート作品
    マーベルアニメ「アイアンマン」  (アニマックスブロードキャスト・ジャパン)
    「ドラゴンクライシス!」  (キッズステーション)
    「心霊探偵八雲」  (日本放送協会)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集