MOT×スタジオジブリの企画展 記者発表会をニコ生で配信 | アニメ!アニメ!

MOT×スタジオジブリの企画展 記者発表会をニコ生で配信

MOTとスタジオジブリは、現代美術館で『木を植えた男』で世界的に知られるアニメーション作家フレデリック・バックさんをテーマにした企画展示を予定する。4月19日に開催するこの記者発表会の様子が、ニコニコ生放送でライブ配信され

ニュース
 東京都現代美術館(MOT)とスタジオジブリは、毎年夏にアニメーションをテーマにした大型企画展を現代美術館で実施する。この夏も、『木を植えた男』で世界的に知られるアニメーション作家フレデリック・バックさんをテーマにした企画展示を予定する。
 4月19日に開催するこの記者発表会の様子が、ニコニコ動画内のニコニコ生放送でライブ配信されることが決定した。4月19日の14時から東京・汐留の日テレホールからその様子を届ける。

 発表会には、フレデリック・バックの長女でアトリエ・フレデリック・バック副代表であるスーゼル・バック=ドラポーさん、スタジオジブリの高畑勲監督、展覧会の構成・デザインを担当する増田春雄さん、東京都現代美術館副館長 大野若人さん、そして日本テレビの細川知正代表取締役社長が登壇する。
 アニメーション作家の美術企画展の記者発表会にニコニコ動画と、少し変わった組み合わせが話題を呼びそうだ。東京都現代美術館、スタジオジブリ、日本テレビにとっては、新たな挑戦とも言えるだろう。

 カナダ在住のフレデリック・バックさんは、アニメーション作家やイラストレーターとして広く活躍する。荒野に木を植え続ける男を描いた『木を植えた男』、そしてカナダ・フランス語圏のケベック文化を描いた『クラック!』で2度にわたり米国アカデミー短編アニメーション賞を受賞している。
 世界的に高く評価され、スタジオジブリの高畑勲監督や宮崎駿監督もその才能を賞賛する。今回の展覧会は、そうしたバックの才能をおよそ1000点の展示作品と伴に振り返る壮大な計画だ。この中には、普段は見ることの出来ない原画やコンセプトアート、スケッチなどを含む。7月2日から10月2日までを予定する。

 東京都現代美術館においてスタジオジブリが協力する展覧会は、2005年より毎年夏に行われている。これまでの展覧会はスタジオジブリの作品関連、協力関係にあるウォルト・ディズニーに関連したものとなっていた。直接両者に関わりのない2011年のフレデリック・パック展は、そうした意味では新たな試みだ。
 同時に、アニメーション関係者にはよく知られたフレデリック・パックの名前も、一般での知名度は必ずしも高いわけでない。記者発表会の生配信は、若い世代のユーザーの多いニコニコ動画を通じて、この世代にフレデリック・パックの名前を伝えたいという意図があるに違いない。

フレデリック・バック展記者発表会
放送日時: 4月19日(火)14時~
/http://live.nicovideo.jp/gate/lv46307562

[登壇者]
 スーゼル・バック=ドラポー  アトリエ・フレデリック・バック副代表
 高畑勲  アニメーション映画監督
 増田春雄  フレデリック・バック展 展示構成・デザイン
 大野若人  東京都現代美術館副館長
 細川知正 日本テレビ放送網 代表取締役社長執行役員

フレデリック・バック展 
/http://www.ntv.co.jp/fredericback/
会期: 2011年7月2日(土)~2011年10月2日(日)
開館時間 10:00~18:00
会場: 東京都現代美術館 企画展示室1F、3F
主催: 東京都現代美術館/日本テレビ放送網/マンマユート団
企画制作協力: スタジオジブリ、三鷹の森ジブリ美術館
詳細は公式サイトで確認ください。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集