動画協会が支援 アニメパイロット制作支援で4作品Web公開 | アニメ!アニメ!

動画協会が支援 アニメパイロット制作支援で4作品Web公開

「クリエイターズワールド アニメ・パイロット版作品 制作支援プロジェクト」で作られた4作品の動画が、東京国際アニメフェア2011の公式サイトで公開された。

ニュース
 日本動画協会が新進のアニメ制作者を支援する「クリエイターズワールド アニメ・パイロット版作品 制作支援プロジェクト」で作られた4作品の動画が、東京国際アニメフェア2011の公式サイトで公開された。市川量也さんの『モンスターになったドメリカ』、スタジオアールエフとロマのフ比嘉さんによる『カナイ』、French curveと児玉徹郎さんによる『INTERIOR』、それに武藤健司さん、SUGARLESS FACTORY、ホネスタによる『化石ドロボウと恐竜石』である。
 制作者4人は、毎年東京国際アニメフェアで行なわれるクリエイターズワールド参加経験からコンペテションにより選ばれている。それぞれCG、2D、実写、フラッシュなどを組み合わせ、個性豊かな映像で才能を発揮した。

 いずれの作品もエンタテイメント志向が強く見られも特徴だ。また、作品はどれも4分から5分程度と短編となっている。しかし、その見応えは十分過ぎるほど、力が入っている。実はこれらは、作品がより大きな商業アニメ企画のパイロットとして制作されたためである。
 もともとこのプロジェクトは、企画の売り出しに不可欠なパイロット版を動画協会の支援で制作するとの意図でスタートした。このパイロット版をもとに、制作者がビジネスの可能性を探る狙いがある。

 作品の初公開は、当初、アニメフェア2011のビジネスデイを予定していた。しかし、3月11日起きた東日本大震災の影響によりイベント開催が取り止めになったことから、公式サイトでの公開となった。
 アニメフェアの会場では、このほか作品を収録したDVD頒布やビジネスミーティングも予定していた。これらは実現しなかったが、やはり公式サイトにて、クリエイタープロモーションのためのビジネス関係者向け配布ツールの無償送付サービスも行っている。「アニメ・パイロット版作品制作支援プロジェクト」完成パイロット作品4本収録のDVDのほか、2011のクリエイターズワールド参加8組の作品映像DVD、過去の全参加クリエイター情報を網羅した冊子が無償で送付される。

クリエイターズワールド アニメ・パイロット版作品 制作支援プロジェクト
/http://www.tokyoanime.jp/ja/creators_world/new_project/

市川量也
    『モンスターになったドメリカ』
スタジオアールエフ/ロマのフ比嘉
    『カナイ』
French curve/児玉徹郎
    『INTERIOR』
武藤健司/SUGARLESS FACTORY/ホネスタ
    『化石ドロボウと恐竜石』

ビジネス関係者向け配布ツール無償送付サービス開始のご案内/http://www.tokyoanime.jp/ja/news/creators_world/367/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集