ブルーレイ大賞のユーザー大賞に「ヱヴァ:破」過去最高得票で | アニメ!アニメ!

ブルーレイ大賞のユーザー大賞に「ヱヴァ:破」過去最高得票で

ニュース

bdp2011.jpg 映像や映像機器関連メーカーが集まるデジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパンは、2月17日に今年のDEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞の受賞作を発表した。ブルーレイ大賞はブルーレイ産業の発展を目指し設立されたもので、3年目を迎える。
 前年に国内で発売・販売されたブルーレイタイトルから、その制作時にブルーレイの特色を最も引き出したタイトルに与えられる。映像作品そのものでなく、ブルーレイ商品に与えられるユニークな賞だ。

 今年のグランプリには、20世紀フォックス・ホームエンターテイメント・ジャパンが発売した「アバター ブルーレイ版エクステンデッド・エディション」が選ばれた。いままで見たことがない映像をそのままブルーレイディスクの中に収めたことを高く評価した。
 また、各部門の中で、唯一ユーザーからの投票によって決められるユーザー大賞を、大ヒット作となった「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE」が受賞した。獲得票数はおよそ3200名に達し、これは過去最高の得票数である。熱心なユーザーに支えられた作品であることを示した。ユーザー大賞は昨年は『化物語』が受賞しており、2年連続のアニメからとなった。

 このほかアニメーション作品では、ベスト高画質賞・アニメ部門にて海外のフルCGアニメーション『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』(ギャガ)が選ばれている。こちらも本編の映像の再現が評価されたかたちだ。
 また、ベストBlu-ray 3D賞もCGアニメーションで、『Disney’s クリスマス・キャロル 3Dセット』(ウォルト・ディズニー・ジャパン/ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)であった。審査員特別賞では『ヒックとドラゴン ブルーレイ&DVDセット』(パラマウント ジャパン)も選ばれている。2011年のブルーレイ大賞は、全体に海外のCGアニメーションの勢いを感じさせるものだった。

「第3回 DEGジャパン・アワード / ブルーレイ大賞」
/http://www.deg-japan.jp/deg_award2009.html 

■ グランプリ
「アバター ブルーレイ版エクステンデッド・エディション」

■ ベストBlu-ray 3D賞
「Disney's クリスマス・キャロル 3Dセット」

■ ベスト高画質賞・映画部門
「インセプション ブルーレイ&DVDセット(3枚組)」

■ ベスト高画質賞・ビデオ(TV・ドキュメンタリー・音楽)部門
「スペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部」

■ ベスト高画質賞・アニメ部門
「9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~」

■ ベスト高音質賞・音楽部門
「OZAWA 75th ANNIVERSARY BOX」

■ ベスト高音質賞・映像部門
「ハート・ロッカー」

■ ベストインタラクティビティ賞
「エイリアン・アンソロジー:ブルーレイBOX」

■ ベストレストア賞
「サウンド・オブ・ミュージック 製作45周年記念 HDニューマスター版:ブルーレイ&DVDセット」

■ 審査員特別賞
「ヒックとドラゴン ブルーレイ&DVDセット」
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」
「Healing Islands OKINAWA 2 ~宮古島~」

■ ユーザー大賞
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集