「放課後のプレアデス」公式サイトが 異色コラボが遂にスタート | アニメ!アニメ!

「放課後のプレアデス」公式サイトが 異色コラボが遂にスタート

工「スバル」と『エヴァンゲリオン』の人気アニメスタジオ ガイナックスが手を組んで、オリジナルのアニメを創り出す。そんな異色のコラボレーション作品企画

ニュース
CGsub1.jpg カーブランドとして知られた富士重工「スバル」と『エヴァンゲリオン』の人気アニメスタジオ ガイナックスが手を組んで、オリジナルのアニメを創り出す。そんな異色のコラボレーション作品企画が11月1日よりスタートした。両社が参加する、S×G アニメプロジェクト実行委員会は、「SUBARU × GAINAX Animation Project」をオープンし、そのアニメ作品『放課後のプレアデス』を公開した。
 サイトでは作品に登場するキャラクター5人の少女の姿や佐伯昭志監督やキャラクターデザインの大塚舞さんといった主要スタッフ、作品についてなどが紹介されている。しかし、リリースメディアや公開時期などの詳細は明らかにされておらず、今後の発表を待つことになりそうだ。

 「SUBARU × GAINAX Animation Project」は、車とアニメ、かなり異なったふたつの領域が結びつく。これについてスバルは、従来の自動車販売プロモーションではメッセージを届けることが難しくなっているためと説明する。アニメーションづくりというこれまでになかったアプローチで、スバルの存在や理念のアピール認知を目指す。
 両社はアウトプットのかたちは違うが、世界で待ち続けける人たちに、満足してもらえる作品をつくることは共通しているとする。そんななかから今回のコラボレーションがスタートする。また、アニメーションプロジェクト『放課後のプレアデス』はコラボレーションの第一章としており、今後も新たなプロジェクトの可能性もありそうだ。

 作品本編の情報を知らせるサイトでは、今後も予告トレイラー映像といったスペシャルコンテンツも公開する予定だ。作品ストーリーも明らかではないが、既にスタートしたTwitterアカウントを通じて制作進行状況やサイト更新状況などを配信する。作品をつくりあげる過程を伝えることも、プロジェクトの一部と言えそうだ。
 そして、異なって見える車とアニメ、実はいずれも世界で強さを発揮している日本の文化という共通点がある。「SUBARU × GAINAX Animation Project」が、今後世界に羽ばたくことも期待したいところだ。
画像: (c)FUJI HEAVY INDUSTRIES Ltd. / GAINAX / SxG アニメプロジェクト実行委員会

       SGsub2.jpg

       SGmain.jpg
(c)FUJI HEAVY INDUSTRIES Ltd. / GAINAX / SxG アニメプロジェクト実行委員会

「SUBARU × GAINAX Animation Project」
『放課後のプレアデス』
  
  /http://sbr-gx.jp/  

SxGアニメプロジェクト実行委員会 twitter
  /http://twitter.com/sbr_gx         

[スタッフ]
 監督: 佐伯昭志
 コンセプトアート: 菊地大輔
 キャラクターデザイン 大塚舞
 3D監督: 小宮智彦
 撮影監督: 山田豊徳
 色彩設計(キャラ色設計): 吉村智恵
 美術設定: 緒川マミオ
 美術監督: 加藤浩
 編集: 平木大輔
 音響監督: 飯田里樹
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集