「電脳コイル」オンラインゲームに ゲームオンがライセンス獲得 | アニメ!アニメ!

「電脳コイル」オンラインゲームに ゲームオンがライセンス獲得

2007年にNHK教育テレビで放映され人気を集めたテレビアニメシリーズ『電脳コイル』が、オンラインゲーム化される。

ニュース
 2007年にNHK教育テレビで放映され人気を集めたテレビアニメシリーズ『電脳コイル』が、オンラインゲーム化される。オンラインゲーム会社のゲームオンは、作品を製作する徳間書店から『電脳コイル』のブラウザゲーム化に関するグローバルでの独占ライセンスを獲得したことを明らかにした。
 ゲームオンは作品の世界観をもとにブラウザゲーム『電脳コイル Online(仮)』を開発、そして日本だけでなく世界での運営サービス展開を目指す。同タイトルの開発スケジュールや日本以外の運営サービス提供地域、正式有料サービス開始時期は未定としている。今後決まり次第公表する。

  『電脳コイル』は実力派アニメーターとして知られる磯光雄さんの原作をアニメ化した作品。少し先の未来を舞台に謎めいた様々噂のある大黒市で子どもたちが、現実世界と電脳世界にまたがる事件に巻き込まれる。電脳情報を可視化する「電脳メガネ」など、日常の延長に現れる様々な技術も話題を呼んだ。
 磯光雄さんは原作だけでなく、監督と脚本も手がけた。その緻密に練り上げられた世界観も人気の秘密だ。アニメーション制作をマッドハウスが行ない、その映像クオリティも見所のひとつになっている。作品は高く評価され、第7回東京アニメアワード テレビ部門優秀賞や第29 回日本SF大賞、第39回星雲賞メディア部門賞などにも輝いている。
 作品は電脳世界をテーマにしており、ネット上の仮想空間が物語舞台になっている。そうした点はまさにPCゲーム向きの題材と言えそうだ。

 ゲーム開発の際に採用するブラウザゲームは、特定のソフトをダウンロードすることなくウェブ上のブラウザで動作するオンラインゲームである。手軽に遊べることから現在、国内外で急激に広がっている。
 ゲームオンは今年4月には、同じ徳間書店より『銀河英雄伝説』のブラウザゲーム化に関するグローバルで独占ライセンスを獲得している。今後この2つのタイトルのゲーム開発が並行して進むことになりそうだ。
 ゲームオンが相次いで国内の有力コンテンツを獲得したのは、同社の戦略が背景にある。同社はオンラインゲームの事業拡大には、日本に限定されないビジネスが重要としている。そのなかで日本の優良なコンテンツの権利を獲得し、グローバルな展開を目指している。両作品は、そうしたゲームオンの戦略タイトルとなる。

ゲームオン /http://www.gameon.co.jp/
『電脳コイル』公式サイト /http://www.tokuma.co.jp/coil/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集