第4回アニソングランプリ決定 10189組の頂点に河野万里奈さん | アニメ!アニメ!

第4回アニソングランプリ決定 10189組の頂点に河野万里奈さん

9月25日に東京・竹芝のニューピアホールにて、アニマックス第4回全日本アニソングランプリの決勝大会が開催された。

ニュース
 9月25日に東京・竹芝のニューピアホールにて、「アニマックス第4回全日本アニソングランプリsupported by ひかりTV」の決勝大会が開催された。そして、2010年の優勝者に河野万里奈さんに選ばれた。河野万里奈さんは、大阪予選大会から勝ちあがってきた。また、審査員特別賞には札幌予選大会から今回の決勝大会に進んだ小林正典さん(27歳)が獲得した。
 全日本アニソングランプリは、アニメソング歌手を目指す人たちのための全国規模のオーディション大会として2007年より行なわれている。オーディションの予選大会が国内の主要都市で行なわれること、優勝者にはテレビアニメシリーズの主題歌デビューが約束されてことなどが人気を呼び、毎年多数の応募者を集めることで注目を集めている。本年は過去最高となる10189組もの応募があった。

 決勝大会は、書類選考、全国6都市で開催された予選大会、視聴者WEB投票、PRバトルを経て、選ばれた13組が争った。河野万里奈さんはファイナルステージで水樹奈々さんの『深愛』を歌い、会場に強い印象を与えた。
 河野万里奈さんは、兵庫県の大学に通う20歳。高校時代からバンドを組み、現在も軽音サークルに所属し、毎月ライブを行うなど音楽活動を続ける。アニソングランプリへのオーディション参加は今回が初めてだった。初参加で見事グランプリを獲得した。
 河野さんは今回の優勝について、キラキラしているアニメのキャラクターがそのまま3次元になったようなアニソン歌手になることを目指したいとする。その夢を叶えるべく、2011年にアニマックスで放映する新作アニメの主題歌でデビューすることになる。

 全日本アニソングランプリは激しい競争を勝ち抜かなければいけないだけに、グランプリ受賞者の実力は折り紙つきだ。これまでの参加者からは何人もの実力派アーティストが生まれている。第1回優勝の喜多修平さん、第2回優勝のHIMEKAさん、第3回優勝の佐咲紗花さんらだ。
 今回の決勝大会では、こうしたアニソングランプリ出身のアーティトモ集結し、その音楽を披露した。また、さらに本大会の大会委員長であるアニソン界のアニキ・水木一郎さんもライブを行い、大会を盛り上げた。
 
アニマックス第4回全日本アニソングランプリ /http://www.animax.co.jp/anigp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集