SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 「家族デッキ」に奨励賞 | アニメ!アニメ!

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 「家族デッキ」に奨励賞

8月1日、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2010の受賞作品が発表された。各賞のうち、短編部門にノミネートされていた村田朋泰氏のアニメーション作品『家族デッキ』が奨励賞を受賞した。

ニュース
 8月1日、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2010の受賞作品が発表された。各賞のうち、短編部門にノミネートされていた村田朋泰氏のアニメーション作品『家族デッキ』が奨励賞を受賞した。
 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭は、埼玉県川口市のSKIPシティにて2004年から開催されている。村田氏は2005年の第2回にも『朱の路』でノミネートされていたことがあるが、その際は惜しくも受賞を逃していた。

       Family Deck.jpg
        家族デッキ/Family Deck
 
 これまで短編部門ではアニメーション作品の受賞が少なからず見られ、2006年の第3回は岸本真太郎氏の『tough guy!2005』と栗田やすお氏の『緑玉紳士』、2007年の第4回は鈴木専氏の『レッツゴー番長デッドオアアライブ完全版』とあかね丸の『あかね雲-初恋-』が受賞している。そして昨年は中田秀人氏の『電信柱エレミの恋』が受賞している。
 村田氏が今回受賞した『家族デッキ』は、栗田氏の『緑玉紳士』や中田氏の『電信柱エレミの恋』と同様にコマ撮りで制作されている。村田氏はコマ撮りの作品で知られているが、表現手法は実写や2Dなどにも幅広く取り組んでいる。近年は個展の開催にも意欲的で、昨年は東京国際アニメフェア2009にもブース出展していた。

 このほか短編部門は最優秀作品賞に壇拓磨監督の『隣人ルサンチマン』、村田氏と同じく奨励賞に草刈勲監督の『ゴリラの嘘』となった。
 一方、長編部門では最優秀作品賞にジョルジョ・ディリッティ監督の『やがて来たる者』、監督賞に『透析』のリウ・ジエ監督、脚本賞に『鉄屑と海と子どもたち』のラルストン・G・ホベル監督とヘンリー・C・ブルゴス氏、審査員特別賞にナデール・T・ホマユン監督の『テヘラン』、SKIPシティアワードに完山京洪監督の『seesaw』が選ばれた。
【真狩祐志】

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 /http://www.skipcity-dcf.jp/

       skipcity.jpg
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集