ハーベイ・アワード 海外部門候補に「20世紀少年」「PLUTO」等 | アニメ!アニメ!

ハーベイ・アワード 海外部門候補に「20世紀少年」「PLUTO」等

ニュース

 米国のコミックス業界を代表する賞であるハーベイ・アワードのノミネートが、このほど発表された。このうち海外作品に関連した賞である海外作品賞(BEST AMERICAN EDITION OF FOREIGN MATERIAL)に日本のマンガ関連作品が多数ノミネートされた。
 まず、日本マンガの翻訳出版である『20世紀少年』(浦沢直樹著:Viz Media)、『PLUTO』(浦沢直樹・長崎尚志著:Viz Media)の2冊、そして日本のマンガルーツを追ったエリック・ナッシュさんによるノンフィクション『MANGA KAMISIBAI』(Abrams ComicArts)、それに日本マンガ研究の第一人者ヘレン・マッカーシーさんによる『THE ART OF OSAMU TEZUKA: GOD OF MANGA』である。5つの候補作のうち4つまでが日本のマンガ関連となっている。 

 ハーベイ・アワードは、作品の選考・投票が全てコミックス業界のクリエイターによって行われることが特徴となっている。選考部門は最優秀ライターや最優秀アーティスト、最優秀カートゥーンニストなど職種などを基に全部で、20部門以上が設けられている。
 同業者が選ぶ賞だけにその選考の眼も厳しい。各部門は5人(もしくは5作品)がノミネートとして選ばれて、その中から投票により受賞者(受賞作)が決まる。本年の受賞結果は、8月28日に開催されるボルチモア・コミコンの場で発表される予定だ。

 米国内の同業者の賞ということもあり、通常は日本マンガの存在感はあまり大きくない。しかし、米国の以外の作品、それをテーマにする作品を対象とする海外作品賞は、長年日本マンガの存在が大きな部門である。これまでの受賞作品は半数以上が日本の作品で、なかでも『AKIRA』や『子連れ狼』、『ブッダ』などが複数回にわたり受賞しているのが目を惹く。
 今年も日本関連の作品受賞が濃厚だ。日本マンガの存在感の大きさを感じさせるものとなりそうだ。

ハーベイ・アワード(The Harvey Awards) /http://www.harveyawards.org/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集