韓国ロボットアニメの原点「テコンV」が今夏 劇場公開決定 | アニメ!アニメ!

韓国ロボットアニメの原点「テコンV」が今夏 劇場公開決定

韓国の商業アニメ創成期の劇場長編アニメーション『テコンV』が、8月7日シアターN渋谷にてレイトロードショー公開する。1976年の韓国での公開以来、実に35年目の日本での劇場公開となる。

ニュース
 韓国の商業アニメ創成期の劇場長編アニメーション『テコンV』が、8月7日シアターN渋谷にてレイトロードショー公開する。1976年の韓国での公開以来、実に35年目の日本での劇場公開となる。今回上映されるのは、デジタル技術で修復された高画質・高音質のリマスターバージョンで、新しい映像で、作品を楽しむことが出来る。
 映画はこれまで映画祭などでは紹介されているが劇場公開は初めて、日本のアニメファンの間でも知名度の高いだけに人気を集めそうだ。シアターN渋谷での公開の後、全国順次公開を予定している。

 作品は当時の日本のロボットアニメでも見られた、巨大ロボットによる勧善懲悪の物語となっている。主人公のフンはテコンドーの世界大会の優勝者、彼は悪のロボット軍団に殺されたロボット工学の権威である父・キム博士の遺志継ぎ、巨大ロボットテコンVのパイロットとして戦う。暗い影を秘めた美少女アンドロイや世界征服をたくらむ謎の組織 アカ帝国も登場するなどエンタテインメンを満載する。
 同作は韓国アニメの原点として、本国で高い人気を誇る。近年作品の再評価が進み、政府広報に登場するなど韓国では圧倒的な人気を誇る。さらに現在3DCGよりリメイク企画も進行しているという。韓国を代表するアニメ作品と言っていいだろう。

        tekonv.jpg
      (C) 1976 Robot Taekwon V Co.,Ltd. All Rights Reserved.

『テコンV』
8月7日(土)よりシアターN渋谷にてレイトロードショー
他、全国順次公開

1976年/韓国映画/カラー/80分
監督 キム・チョンギ
声の出演 キム・ボミ、キム・ボヨン、キム・ヨンチャン、ナム・ドヒョン、チョン・チファ
提供・配給:キングレコード+iae
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集