3人の女優、3人の監督が競演「戦闘少女」初日舞台挨拶 | アニメ!アニメ!

3人の女優、3人の監督が競演「戦闘少女」初日舞台挨拶

3人の女優の派手なアクションが話題を呼ぶ『戦闘少女 血の鉄仮面伝説』が、5月22日からシアターN渋谷、池袋シネマ・ロサ(レイトショー)で劇場公開をスタートした。初日となったこの日、

イベント・レポート
 3人の女優の派手なアクションが話題を呼ぶ『戦闘少女 血の鉄仮面伝説』が、5月22日からシアターN渋谷、池袋シネマ・ロサ(レイトショー)で劇場公開をスタートした。初日となったこの日、池袋シネマ・ロサで公開を記念した初日舞台挨拶が行われ、ファンからの熱い声援を受けた。
 挨拶に立ったのは、映画の中で共演する3人の女優杉本有美さん、高山侑子さん、森田涼花さん、そして井口昇監督と坂口拓監督である。『戦闘少女 血の鉄仮面伝説』は、実力派3監督による共同監督制を取っており、このうち井口昇監督はドラマパート、坂口拓監督はアクションパートを担当する。この日は撮影のため欠席した特撮パートの西村喜廣監督も含めた異例の体制を取る作品だ。

       sentoh.jpg

 ミュータント「ヒルコ」として超人的な力を発揮する少女 渚凜を演じる杉本有美さんは、『炎神戦隊ゴーオンジャー』須塔美羽/ゴーオンシルバー役などで人気が高い。しかし、実は今回が初主演、「初主演ということで、演技も今まで以上にがんばりましたし、アクションはいままでやったことがないくらい激しいもので、自分が持っているすべての力を出しきって頑張りました」と撮影での全力投球を語る。
 『空へ-救いの翼 RESCUE WINGS-』などに続く主演となった高山侑子さんは、「自分とは真逆なクールな女の子・玲を演じることが難しくもあり、面白かったでした。井口さんの演技指導のおかげでとても成長できたと思います。ただ、アクションパートの坂口監督からは「才能がない」と言われました(笑)」。
 佳恵役の森田涼花さんはシンケンイエロー役(『侍戦隊シンケンジャー』)などでお馴染み。「佳恵は明るくて無邪気な役。いつもニコニコしている役なので演じてて楽しかったです」と撮影を楽しんだ様子。
 
 また、作品特徴である共同監督制について、監督たちが言及。井口監督は「西村さんはちゃんと描いてくれるんですけど、坂口監督が絵コンテをまったく描いてくれなくて困りました。特撮が多いので絵コンテがないと大変なんですよ…」と話すと、坂口監督は「邪魔臭いし、細かいことはやりたくねぇやって(笑)」と切り返す。さらに、劇中に坂口監督が女装で出演した理由など、撮影でのこぼれ話なども飛び出した。
 最後は代表して杉本有美さんが、「夜遅い時間に来ていただいてどうもありがとうございます。笑いもあり、涙もありストーリーも楽しめる素敵な映画だと思います」と挨拶。舞台挨拶中は満席の客席からは常に笑い声、声援など、熱いリアクションが起きていた。
 
『戦闘少女 血の鉄仮面伝説』 
/http://www.sentoshojo.jp/
『戦闘少女 血の鉄仮面伝説』オフィシャルブログ 
/http://sentoshojo.seesaa.net/

監督: 井口昇、西村喜廣、坂口拓
脚本: 継田淳
原案: 井口昇
特殊造形: 西村喜廣
VFX: 鹿角剛司
出演:
杉本有美、高山侑子、森田涼花、坂口拓、島津健太郎、亜紗美、いとうまい子、津田寛治、竹中直人 他
配給: 東映ビデオ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集