加藤清史郎くんが生アフレコ 「かいじゅうたちのいるところ」 | アニメ!アニメ!

加藤清史郎くんが生アフレコ 「かいじゅうたちのいるところ」

イベント・レポート

 今年1月に劇場公開をされ好評を博した映画『かいじゅうたちのいるところ』が、BDとDVDのセット商品として5月19日から発売を開始した。モーリス・センダックさんの名作絵本を実写化したこの作品は、鬼才スパイク・ジョーンズ監督による原作イメージどおりのかいじゅうたちの姿、エモーショナルな音楽、見どころ満載の映画に仕上がった。
 国内での映像では、さらに豪華吹き替えのキャスト陣も話題となっている。主人公マックスを演じる加藤清史郎くんや、高橋克実さん、永作博美さんらだ。

 5月19日、BD&DVDセットの発売を記念して、東京・ジャスコ品川シーサイド店で加藤清史郎くんをゲストにしたイベントが行われた。イベントでは今回のソフト購入者から2名が清史郎くんと生吹替えで共演出来るというもの。このため会場には多くのファンが訪れて、大盛況となった。
 生アフレコの共演者に選ばれた2名は、ともに9歳という若さ。久しぶりのマックス役だったが、清史郎くんはふたりに「緊張しているときは、左のくすりゆびを60 回押すと緊張しなくなるんです。まちがえてもいいので、緊張しないでください」とアフレコの極意を指南するなど、心遣いをみせた。
 練習ではかなり映像とのタイミングなどでかなり苦労した挑戦者だったが、本番では大成功。「緊張したけど、すごくよかった!」と喜ぶ挑戦者に、「すごくいいなと思いました。本当にかいじゅうキャロルのように、声がすごくいいなと思いました」と清史郎くんも絶賛した。

       kodomotenchokaijyuu.jpg

 実は清史郎くんも緊張していたらしく、「ずっと前に吹替えしたので、ひさしぶりでうまくできるかなとかすごく緊張しました。よかったと思います」終わったあとはほっとした様子で笑顔をみせた。
 また、映画のマックスの日本語吹替えの思い出について、「ふつうの人間がかいじゅうと話しているところが不思議で楽しいなとおもいました。お芝居よりも、吹替えのほうが難しいです。お芝居は自分が動くけれど、吹替えは映像と合わせたり、リップをあわせたりするから、難しいです。よかったんじゃないかと思います。」と話した
 そして最後に、「ぼくが吹替えをした『かいじゅうたちのいるところ』ブルーレイ&DVD でみてください。ジャスコ テレビゲーム売り場でブルーレイ&DVD 発売中です」と作品のPRを行った。

 『かいじゅうたちのいるところ』BD&DVDは、2種類のメディアをセットにした初回限定生産版が税込3980円とリーズナブルなプライスとなっている。
 日本語と英語の音声のほか、BDの映像典に短編「ふふふん へへへん ぽん!-もっと いいこときっと ある-」や「撮影”迷”場面~ほえながら走る犬~絵本から映画へ~」、「モーリス・センダックとスパイク・ジョーンズ~夢のコラボ~」、「マックスは人気者!」、「レコーズ家~製作現場初体験~」、「」夢を奏でる~カーター・パーウェルの音楽~」、「いたずら大作戦、”吸血鬼ジョーンズ 現る”」、「撮影の舞台裏~子どもたちのいるところ~」と71分にも及ぶ豪華なものだ。

『かいじゅうたちのいるところ』 公式サイト
/http://wwws.warnerbros.co.jp/wherethewildthingsare/

kaijuusell.jpg

ワーナー・ホーム・ビデオ公式サイト /http://www.whv.jp/

「かいじゅうたちのいるところ
 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)」
好評発売中(3980円税込)、好評レンタル中
発売・販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ 
(c)2010 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集