イーフロンティア「3DCG AWARDS 2010」開催 審査員に奥浩哉氏も | アニメ!アニメ!

イーフロンティア「3DCG AWARDS 2010」開催 審査員に奥浩哉氏も

ニュース

 イーフロンティアはディストームとの共催により「3DCG AWARDS 2010」を開催する。イーフロンティアとディストームは、共に3DCG制作ソフトを取り扱っていることで知られている。90年代後半に誕生し、現在中堅として活躍する数々のクリエイターは、両社の製品のユーザーが多かった。
 イーフロンティアの主力製品はShadeで、くつぎけんいち氏が制作した『テライユキ』など、当時のCG美少女ブームを牽引した。一方ディストームの主力製品はLightWaveで、『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』のムービーパート制作などで知られる神風動画なども使用している。

 今回「3DCG AWARDS 2010」を開催するに当たっての狙いは、昨年から本格化したS3D(立体視)コンテンツ制作需要も背景としてある。
 90年代後半にディストームは「Wavy Awards」を開催していた。当時受賞した神風動画などのように「3DCG AWARDS 2010」での新たな才能発掘による業界再燃が期待される。

 審査員は一部発表されており、実写映画化が進んでいる『GANTZ』の原作者で漫画家の奥浩哉氏などの名が挙がっている。募集部門はアニメーション部門、静止画部門、人物キャラクター部門で、主ソフトとしてイーフロンティアが取り扱っている製品が使用されていることが条件となっている。
 なおイーフロンティアは、共催するディストームの製品も取り扱っているため、そちらで制作した作品での応募も可能である。締切は9月12日となっている。今後のスケジュールとしては、今月末に応募要項の詳細を発表、8月初旬に受付開始、10月末に結果発表が予定されている。結果発表に際しては、セミナーや展示といったイベントも併催するとしている。
【真狩祐志】

3DCG AWARDS 2010 /http://www.3dcgawards.com/

当サイトの関連記事
/ディストーム 「Flash CS5 meets LightWave 3D」5月29日開催
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集