英国初 日本アニメ・マンガなどの大型イベント10月に | アニメ!アニメ!

英国初 日本アニメ・マンガなどの大型イベント10月に

2010年10月1日から10月3日まで、イギリス・ロンドンで日本のポップカルチャーに特化した大型イベント「HYPPER JAPAN London 2010」が開催されることが明らかになった。10月の開催に向けて5月14日に、イベントの公式サイトが立ち上がった。

ニュース
 2010年10月1日から10月3日まで、イギリス・ロンドンで日本のポップカルチャーに特化した大型イベント「HYPPER JAPAN London 2010」が開催されることが明らかになった。10月の開催に向けて5月14日に、イベントの公式サイトが立ち上がった。
 イベントはアニメやゲーム、マンガ、ファッションといった日本のポップカルチャーを取り上げて、現地のファンに提供する。

 現在、世界各国で日本のアニメ・マンガなどのポップカルチャーが人気を集めるようになり、そうした文化を取り上げた大型イベントが次々に開催されるようになっている。米国のアニメエキスポ(AnimeExpo)やフランスのジャパンエキスポ(Japan Expo)、ドイツのコンニチ(Connichi)といったものである。
 しかし、これまでイギリスには欧米のポップカルチャーを中心に日本のアニメ・マンガ・ゲームを取り入れたLondon MCM Expoはあるものの、日本カルチャーに特化したイベントはなかった。「HYPPER JAPAN」はイギリスでそうしたファンのニーズに応えていくことを目指す。

 また、「HYPPER JAPAN」のもうひとつの特徴は、現地での出版や日本食イベント「EAT‐JAPAN」を成功させてきたCROSS MEDIA LTD.が主催することである。日本のポップカルチャー関連イベントに多い、ファン主体、非営利団体とは異なるマーケティングの視点も盛り込む。
 イベントは「EAT‐JAPAN」との同時開催となり、在英国日本国大使館や日本貿易振興機構、日本政府観光局などの後援を受ける予定だ。さらにファン向けの企画だけでなく、企業間のサービス(B2B)向けの企画も行い、イギリスを代表する総合イベントを目指す。現在は出展社やコラボレーション企画も募集している。

 イギリスは世界の中では、日本のアニメ、マンガの普及が遅れている地域とされている。テレビアニメの放映は少なく、映像パッケージやマンガの市場も同じヨーロッパのフランス、ドイツよりもだいぶ小さいとされている。このためアニメやマンガビジネスではこれまでマイナーな国として扱われてきた。
 しかし、ロンドンはヨーロッパ最大の都市、そして有数の多国籍都市でもある。日本の文化は食や伝統文化も含めて人気の高い地域である。そこには潜在的なニーズも多いはずだ。これまでのイベントは、需要が既にあるところに作られたものが多い。しかし、コンテンツ産業の拡大が叫ばれる現在は、こうした掘り起こし型のイベントの役割が必要されているとも言えそうだ。

HYPPER JAPAN London 2010 /http://www.hyperjapan.co.uk/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集