「それでも町は廻っている」メイド喫茶コメディーがTVアニメに | アニメ!アニメ!

「それでも町は廻っている」メイド喫茶コメディーがTVアニメに

ニュース

SOREMACHIGENSAKU.jpg 「月刊ヤングキングアワーズ」(少年画報社)で連載されているマンガ『それでも町は廻っている』が、アニメ化されることが決定した。『それでも町は廻っている』は石黒正数さんが描く人気マンガで、2004年から連載開始、4月30日に発売された最新刊を含め、現在7巻までが発売されている。
 作品はある商店街にあるメイド喫茶を舞台に繰り広げるコメディーである。日常と非日常の交錯や、笑えてちょっぴり泣けるストーリーなど見所満載の作品だ。

 アニメ化情報は、現在、TBSにてTVアニメ化決定のみが発表されている。放映時期や制作スタッフ、キャスト情報などの詳細は明らかでない。こちらは今後の発表を待つことになる。
 『それでも町は廻っている』はメイド喫茶コメディーと名を打つが、舞台となるメイド喫茶「シーサイド」は普通のメイド喫茶とはやや異なる。店を構えるのは下町・丸子商店街、一見フツーの通りに存在する。そして、女子高生探偵に憧れる天然少女 嵐山歩鳥と、そつのなさで人生をこなす辰野俊子、それに重厚な服が何気に似合うバアサンの周りで起きる日常が描かれる。商店街の皆さんを巻き込んだ、メイド喫茶コメディーのアニメ化に注目である。
画像: (C)石黒正数・少年画報社/それ町製作委員会

「メイド喫茶シ~サイド」(公式サイト)
 /http://seaside.ponycanyon.co.jp/
丸子町回覧板(それ町通信)」(ツイッター)
 /http://twitter.com/kissaseaside

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集