バンダイミュージアムが大幅リニューアル ネットも充実 | アニメ!アニメ!

バンダイミュージアムが大幅リニューアル ネットも充実

ニュース

 栃木県下都賀郡にあるおもちゃの博物館「おもちゃのまちバンダイミュージアム」が、4月29日に生まれ変わる。コレクションをより深く知ってもらえることを目的に、今回従来の展示方法を大幅に見直したリニューアルを行った。
 さらに家にいながらコレクションを楽しめるように、公式サイトの内容もボリュームアップした。リアルとネットと2つの方法で、玩具や発明について知ってもらい、体験出来る仕組みを目指す。公式ウェブサイトでは、3万点にも及ぶバンダイコレクションをデータベース化し、自宅にいながら全ての展示物を閲覧出来る野心的な試みに乗り出す。

 バンダイミュージアムは玩具大手メーカーのバンダイが運営する企業博物館である。2007年4月に「発明や工夫のすばらしさ、ものづくりの楽しさを体感してもらう」を目的にオープンした。展示の中心はバンダイが持っているアンティークトイを含めた玩具コレクション、そしてエジソンの発明品を集めた発明関連のコレクションである。
 そのコレクションの評価は高く、子供たちの教育のためだけでなく、研究者にも利用されるほどである。玩具、発明関連では国内有数の存在だ。ミュージアムでは、こうしたコレクションの一部を一般開することで、子供たちの学習、研究者の研究などを助け、文化貢献を目指している。

 今回のリニューアルでは、まずおもちゃの歴史ミュージアムのコーナーを玩具の歴史を年代順に並べ替え、解説文を大幅に増やした。また、アンティークトイミュージアムでは展示品を厳選し、全ての展示品に全てに解説を入れることで玩具の知識を広く紹介する。また、エジジソン・ミュージアムでも、展示内容を変更し、解説を増やすなど、学びと知識の獲得の力を入れる。
 さらにバンダイならでは特徴として、ガンダム関連の展示品も充実する。ホビーミュージアムでは原寸大ガンダム胸像やアムロ・レイ像、さらに1/144スケールのホワイトベースのジオラマなどを展示する。

おもちゃのまちバンダイミュージアム
/http://www.bandai-museum.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集