愛知県武豊町のアニメーション上映会「TAFF'10」 3月21日開催 | アニメ!アニメ!

愛知県武豊町のアニメーション上映会「TAFF'10」 3月21日開催

ニュース

 3月21日に愛知県知多郡武豊町の武豊町民会館にて、武豊アニメーションフィルムフェスティバル「TAFF'10」が開催される。今回で6度目を迎える武豊アニメーションフィルムフェスティバルは、NPOたけとよと武豊町教育委員会が主催、企画をPigeonが行っている。
 Pigeonは自主制作アニメーションの発展を目的とした団体で、昨年よりパッケージ販売も開始するなど精力的に活動している。

 今回の上映プログラムは石田祐康氏の『フミコの告白』など、主にこの1年間に登場した作品を紹介する「現代日本のアニメーション」、東海地区でアニメーション上映企画などを行っているANIMATION TAPES主宰の林緑子氏が制作した『旅するアニメーション』のショートバージョン、オンラインマガジンのSHIFTが毎年開催している「DOTMOV FESTIVAL 2009」の優秀作品となっている。
 一方、トークセッションは『旅するアニメーション』の林氏が語る「アニメーションと旅をした」、2000年代の自主制作アニメーションを振り返る「さよならゼロ年、また来てテン年」などが予定されている。

 チケットは当日のみで、中高生500円、大学生1000円、一般1500円である。イベントのうち「DOTMOV FESTIVAL 2009」の作品は無料で観覧出来る。
【真狩祐志】

Pigeon /http://www.pigeon-label.com/

当サイトの関連記事
/Pigeonによるアニメーション上映会「TAFF'09」 3月22日開催

武豊アニメーションフェスティバル「TAFF'10」

日時: 3月21日14時 会場: 武豊町民会館
チケット料金
 中高生:500円 大学生:1000円 一般:1500円

上映プログラム
 「現代日本のアニメーション」
 「旅するアニメーション(ショートバージョン)」
 「DOTMOV FESTIVAL 2009」(無料)

トークセッション
 「アニメーションと旅をした」
 「さよならゼロ年、また来てテン年」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集