「四畳半神話大系」OPにASIAN KUNG-FU GENERATION | アニメ!アニメ!

「四畳半神話大系」OPにASIAN KUNG-FU GENERATION

ニュース

s4joehalf.jpg 4月よりフジテレビ「ノイタミナ」ほかでテレビアニメシリーズ『四畳半神話大系』の放映が始まる。『マインド・ゲーム』などで知られる湯浅政明監督が人気作家森見登美彦さんの代表作を映像化する。
 テレビ放送に先駆けて、このほど番組のオープニングテーマとエンディングテーマが発表された。番組の幕開けを飾るのは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの新曲「迷子犬と雨のビート」である。スタイリッシュな作品に相応しいオシャレ感度の高い曲だ。
 アジカンの楽曲提供は、キャラクター原案中村佑介さんとの新たなコラボレーションでもある。実は中村佑介さんはアジカンデビュー以来、全てのCDジャケットイラストを担当してきているからだ。これまでは音楽=イラストレーションだったが、今回はこれに映像が加わる。
イラスト/中村佑介 (C)四畳半主義者の会

今回のオープニングテーマ決定について、メンバーの後藤正文さんは次のように話す。
「楽曲にここまでの大きな手応えを感じるのは久々な気がします。もちろん、楽曲制作毎に達成感はありましたが、今までかつてないほど、この「迷子犬と雨のビート」という曲への思い入れが強いです。歌詞、楽曲ともに会心の出来です。この曲をバックに中村君の絵が動くかと思うとドキドキします」
様々な才能が集まる『四畳半神話大系』に、また新たな才能が参加する。

        AKG.jpg

 エンディングテーマも、とびきりの才能だ。楽曲のタイトルは「神様のいうとおり」。曲を担当するのは、元SUPERCARのいしわたり淳治さんと元電気グルーヴの砂原良徳さんによる新ユニットである。
 さらにボーカルに相対性理論やTUTU HELVETICAで活躍したやくしまるえつこさんを迎えた。今後の活躍が期待されるだけに、今回の「神様のいうとおり」も見逃せないものとなる。

 『四畳半神話大系』は、同じ大学生活を実現したかもしれないそれぞれ異なったから可能性をから何度もループしながら書いた異色小説である。これをアニメ界の異才 湯浅政明さんが監督し、さらにこれまでアニメとは縁のなかった劇作家、劇団ヨーロッパ企画の上田誠さんがシリーズ構成・脚本に携わる、キャラクター原案にイラストレーター中村佑介さんもアニメ作品では初の起用だ。
 アニメ制作はマッドハウス、マッドハウスらしい意欲作である。これまでにない作品が期待出来そうだ。

 人気アニメを輩出することで注目浴びる「ノイタミナ」だが、2月21日日曜日には今後のラインナップとその見所を紹介するノイタミナ2010ライナップAR記者発表が行われる。記者発表会は、拡張現実(AR)も利用、インターネット生中継も行う大掛かりなものとなる。
 『四畳半神話大系』をはじめ、ノイタミナ作品が続々と登場し、未発表の映像や最新情報も出る予定だ。ノイタミナ2010ライナップAR記者発表も注目したい。

TVアニメ『四畳半神話大系』
/http://noitamina.tv/yojouhan/
2010年4月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送

ノイタミナ2010ライナップAR記者発表
/http://www.noitamina.tv/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集