声優アワード 富山敬賞に水樹奈々、シナジー賞機動戦士ガンダム | アニメ!アニメ!

声優アワード 富山敬賞に水樹奈々、シナジー賞機動戦士ガンダム

ニュース

 声優アワード実行委員会は、今年で第4回目を迎える声優アワードのうち実行委員会の推薦で選ばれる特別賞の5つの受賞者を発表した。功労賞、特別功労賞、シナジー賞、富山敬賞(話題賞)、キッズファミリー賞である。
 声優アワードは、一般投票と選考委員会の審査によって選ばれる主演男優賞・女優賞などの第1群と第2群の各特別賞から構成される。各賞は毎年授賞式の会場で発表されてきたが、今回は特別賞を先行発表した。

 物故された声優の中から優れた業績を残した人を顕彰する特別功労賞は、高橋和枝さんに贈られる。『サザエさん』の二代目磯野カツオ役や『快獣ブースカ』のブースカ役、『ルーシー・ショー』のルシル・ボールの吹替など多彩な活躍をした。
 功労賞は3人、玄田哲章さん、杉山佳寿子さん、田中信夫さんである。長年業界に貢献してきた人物が選ばれる賞である。玄田哲章さんはアーノルド・シュワルツネッガーやシルベスター・スタローンの吹替をはじめ外画の吹き替えではなくてならない存在である。杉山佳寿子さんの演じた『アルプスの少女ハイジ』のハイジの声は、誰にも馴染みがあるに違いない。田中信夫さんはバート・レイノルズやグレッグ・ モリスの吹き替え、さらに『コンバット!』のサンダース軍曹でも知られている。

 声優という職業を各メディアを通じて多く広めた人物に贈られる目的で設けられている富山敬賞(話題賞)は、水樹奈々さんが選ばれた。
 2009年はNHK紅白歌合戦に出場し、声優・アーティストとして大きく注目された。声優の仕事に多くの人の目を向けさせただけに納得の受賞だ。6月に発売したアルバム「ULTIMATE DIAMOND」がオリコン週間アルバムチャートでの1位獲得も、多彩な活動ぶりを感じさせるものである。

 そして、声優アワードのなかでただひとつ作品中心に選ばれるシナジー賞は『機動戦士ガンダム』である。声優の魅力を最大限に発揮した作品に与えられる賞だが、今年は2009年に30周年を迎えたファーストガンダムの古谷徹さん、池田秀一さんが受け取る。
 さらに今年から新設されたキッズファミリー賞は、水田わさびさん。子供たちの視点から選らばれたこの賞で、ドラえもんの好演が子供たちから支持を集めている。

 授賞式は2010年3月6日東京・秋葉原のUDXシアターで行われる。今回発表された5部門のほか、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、新人男優賞、新人女優賞、歌唱賞、パーソナリティ賞の8部門、そして海外ファン賞の発表、授賞式も行われる予定だ。

声優アワード公式サイト /http://www.seiyuawards.jp

■特別功労賞
 高橋和枝

■功労賞
 玄田哲章
 杉山佳寿子
 田中信夫

■富山敬賞(話題賞)
 水樹奈々

■シナジー賞
 『機動戦士ガンダム』
 (アムロ・レイ役:古谷徹、シャア・アズナブル役:池田秀一)

■キッズファミリー賞
 水田わさび
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集