東京国際アニメフェア2010 クリエイターズワールド参加者発表 | アニメ!アニメ!

東京国際アニメフェア2010 クリエイターズワールド参加者発表

 来年3月25日から東京ビッグサイトで開催される東京国際アニメフェア2010。例年その一角に設けられているクリエイターズワールドの参加者が発表された。  今回で8回目となるクリエイターズワールドは、次世代を担うクリエイターの育成およびメジャーへのキャリアアッ

ニュース
 来年3月25日から東京ビッグサイトで開催される東京国際アニメフェア2010。例年その一角に設けられているクリエイターズワールドの参加者が発表された。
 今回で8回目となるクリエイターズワールドは、次世代を担うクリエイターの育成およびメジャーへのキャリアアップを目的とし、ビジネスチャンスを提供するプログラムとして2003年から実施されてきた。

 2008年からは歴代のクリエイターズワールド参加者が出展する「クリエイターズワールド・アドバンス」のコーナーも設けられた。
 例年、併設するミニステージでもビジネスデーに参加クリエイターのプレゼンテーションが行われている。一方、昨年は吉浦康裕氏が『イヴの時間』の第1話を初上映、今年はバーナムラボラトリーが『星に願いを』の第1話を特別上映するなど、過去の参加者がプレゼンテーションを行うようにもなってきている。

 今回のクリエイターズワールドは、石川ホールディングス、植草航氏、澤田裕太郎氏、上甲トモヨシ氏、高橋昂也氏、外山光男氏らが参加する。
 石川ホールディングスは、第7回国際ニコニコ映画祭で大賞となった『次世代エコカー「ツリーダ」誕生』や『グラン・ガーディアン・トーキョー』などの作品で知られる。植草氏は『向ヶ丘千里はただ見つめていたのだった』で金の翼賞、澤田氏は『奴との遭遇』で銀の翼賞と、デジタルクリエイターズコンペティション2009での受賞者でもある。
 東京国際アニメフェアでは東京アニメアワードも開催されているが、第7回に上甲氏は『雲の人 雨の人』、高橋氏は第8回に『レブン』がそれぞれ公募部門で入選している。外山氏は『ぼくらの風』でデジスタ・アウォード2005の映像部門グランプリを受賞後、様々な活躍をしている。

 同時にクリエイターズワールド・アドバンスの参加者も発表されており、初参加は伊勢田誠治氏、杉山実、スタジオアールエフ、塚原重義氏、パンタグラフである。
 伊勢田氏とスタジオアールエフ(代表:ロマのフ比嘉)は第1回、塚原氏は第4回のクリエイターズワールドに参加していた。杉山氏とパンタグラフは、今年のクリエイターズワールドの参加者だった。
【真狩祐志】

東京国際アニメフェア /http://www.tokyoanime.jp/

当サイトの関連記事
/東京国際アニメフェア2009 クリエーターズワールド参加者発表
/東京国際アニメフェア 2010年クリエイターズワールド参加募集開始

【TAF2010 クリエイターズワールド参加者】

石川ホールディングス/植草航/woodpecker/OHRYS BIRD/澤田裕太郎
/渋江修平/上甲トモヨシ/高橋昂也/外山光男

【TAF2010 クリエイターズワールド・アドバンス参加者】
伊勢田誠治/ウサギ王/オフィス・ガナゴナ/ケイカ/杉山実/スタジオ
アールエフ/Spooky graphic/TAKORASU/TANGE FILMS/塚原重義/東京
ハイジ/barnumlaboratory/パンタグラフ/ホネスタ/増田智美
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集