好調「ワンピース」 視聴率12.2%日曜午前移動後の過去最高 | アニメ!アニメ!

好調「ワンピース」 視聴率12.2%日曜午前移動後の過去最高

ニュース

 アニメ『ワンピース』の視聴率が好調である。12月2日にビデオリサーチが発表した11月23日から29日までの関東地区の世帯視聴率によれば、11月29日に放映された第428話『映画連動特別編(スペシャル) アミーゴ海賊団の猛攻』が視聴率12.2%を記録した。
 これは2006年10月に同番組が日曜日の19時半から、日曜日の朝9時半からに放映時間を移動した後では、過去最高となる。また同じ週に放映された番組では、『サザエさん』、『ちびまる子ちゃん』に続く第3位である。人気番組の『ドラゴンボール 改』や『クレヨンしんちゃん』、『ドラえもん』、『名探偵コナン』などを上回った。

 『ワンピース』の視聴率は、2009年に入ってから好調が続いている。2006年10月の番組放映枠移動以降は視聴率の苦戦も見られたが、2009年に入ってからはいまではアニメ番組で少なくなっている2桁視聴率となることも珍しくない。
 2006年10月以降の同番組の最高視聴率は、今年10月11日に放映された第421話の『仲間達の行方 ネガティブ王女と悪魔王』である。これはアマゾンリリー篇の最終エピソードにあたる。今回は2ヶ月足らずで、この記録を塗り替えた。

 第428話の好調な視聴率は、12月12日公開される同作の劇場版『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』と番組が連動していたことも大きな理由であろう。同作は劇場映画第10弾だが、製作総指揮を原作者の尾田栄一郎さんが執ることが大きな話題を呼んでいる。
 前売券はシリーズ最高の販売数を記録しており、映画への期待感が、人気が再び上昇傾向にあったテレビシリーズへも波及したかたちだ。
 さらに12月4日に発売された原作マンガの第56巻が初版285万部を発行し、日本記録を更新した。連載開始から12年、テレビ放映開始から10年、『ワンピース』が新たなムーブメントを生み出している。

『ワンピース』(東映アニメーション) 公式サイト 
/http://www.toei-anim.co.jp/tv/onep/
『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』 公式サイト 
/http://www.onepiece-movie.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集