「怪物王女」最新刊 限定版にドラマCD アニメ版キャストが再結集 | アニメ!アニメ!

「怪物王女」最新刊 限定版にドラマCD アニメ版キャストが再結集

ニュース

kaibutuKC10.jpg 月刊少年シリウス(講談社刊)連載の人気マンガ『怪物王女』の第10巻が、11月20日より発売されている。今回の第10巻では通常のマンガ単行本だけでなく、スペシャルCDが付属した第10巻限定版が、発売され話題を呼んでいる。
 このスペシャルCDは、ドラマCD「廃屋王女」と怪談を語らせたら日本一の稲川淳ニさんによる怪談「生贄の村」である。光永康則さんによる本編マンガに加え、ドラマCD、語りと様々な楽しみ方が出来る魅力的な商品となっている。

 怪物と呼ばれる異形の者たちに君臨する王族の一人である姫、そしてその姫の血を与えられたことから不死身の力を得て、血の戦士としての戦うことになる少年ヒロ。『怪物王女』では、姫とヒロが策謀と憎悪の渦に飲み込まれ、王位をめぐって戦い続ける。
 作品は2007年に迫井政行監督、アニメ制作マッドハウスとして、テレビシリーズ化もされ、好評を博した。

 今回、ドラマCD化される『廃屋王女』は、10巻に収録されているストーリー「廃屋王女」のエピソードから取られている。そして、そのキャスト陣には、2007年のテレビアニメ化の際に、それぞれの役を演じた声優陣が再結集する。
 『夜桜四重奏』や『ローゼンメイデン』の松尾衡監督が、脚本を手掛ける。豪華スタッフによるオーディオは目が離せないものだ。
 また、「生贄の村」は、単行本4巻に収録されている人気エピソード「生贄王女」を基にしている。原作者光永康則さんが、自らがシナリオ原案を新たに書き下ろした。「生贄王女」で語られたストーリーを別視点で再構築している。

 ドラマCD付き限定版『怪物王女』第10巻は、11月20日に発売、税込価格は1980円である。通常版も発売されており、こちらは税込み価格580円となっている。
画像: (c)光永康則/講談社

『怪物王女』限定版コミックス公式サイト /http://kc.kodansha.co.jp/oujo/

kaibutuCDjk.jpgドラマCD付き限定版コミックス
 『怪物王女』 第10巻

2009年11月20日発売
価格: 1980円
内容
限定版コミックス『怪物王女』第10巻
オリジナルドラマCD
(Aパート ドラマ「廃屋王女」/Bパート 稲川淳二による怪談「生贄の村」) 

【キャスト】
Aパート ドラマCD「廃屋王女」
姫: 川澄綾子          
ヒロ: 大浦冬華
フランドル: 河原木志穂
リザ: 甲斐田裕子
令裡: 能登麻美子
紗和々: 皆口裕子
敵: 大橋隆昌

【Bパート】 怪談「生贄の村」
語り: 稲川淳二

【スタッフ】
原作:光永康則(講談社 月刊少年シリウス連載)
脚本:松尾 衡(Aパート)
シナリオ原案:光永康則(Bパート)

(c)光永康則/講談社

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集