「劇場版 東のエデン」 セレソンN0.6に吉野裕行さん | アニメ!アニメ!

「劇場版 東のエデン」 セレソンN0.6に吉野裕行さん

ニュース

yosino-san.jpg 11月28日に公開される『東のエデン 劇場版 The King of Eden』に、新たなキャラクターとしてセレソンN0.6が登場することが明らかにされた。名前やキャラクターの詳細は公表されていないが、その声を吉野裕行さんが担当することが公表されている。
 吉野裕行さんは『機動戦士ガンダムOO』」のアレルヤ役や『ヤッターマン』のヤッターマン1号役などで人気の声優だ。今回は、謎めいたセレソンの一人を演ずる。
 
 セレソンN0.6について神山健治監督は、「今まではシリアスなセレソンが多かったけど、新しいセレソンは最強におもしろい奴です」とコメントする。吉野裕行さんが演ずるキャラクターが、映画を盛り上げることになる。

 セレソンとは、『東のエデン』の物語の中に登場する100億円を自由に使える携帯を持った人々である。謎のMr.OUTSIDEにより、国を救うための救世主として12人が選ばれた。しかし、今年4月から6月まで放映されたテレビシリーズでは、12人いるとされるセレソンのうち主人公滝沢朗を含めて7人しか登場していなかった。
 このため11月28日から公開する劇場版第1部『The King of Eden』、そして2010年1月9日公開の『Paradise Lost』では、残りの5人のセレソンも姿を見せるのではないかと見られていた。今回は期待どおりの登場となる。あと気になるのは、さらに残りの4人だろう。2本の劇場映画を待つことで、その謎も解き明かされるに違いない。

m65.jpg また、映画公開に向けた『東のエデン』関連企画も相次いでいる。そのひとつが、パルコの公式通販サイト 「パルコシティオンラインモールと吉祥寺パルコで展開する「東のエデンプレミアムショップ」でのみ発売される滝沢朗着用モデルのM65だ。
 滝沢の着用するM-65ブルゾンのシルエットを継承しつつ現代のシルエットにアレンジしたアウターとして仕上げた。神山監督がデザイン画、サンプルを監修し、素材感に拘ったほか、ボールバイオダメージ加工により長年着古していたかのような表情も演出する。価格は税込み29400円となっている。

『東のエデン 劇場版 The King of Eden』 11月28日(土)より
『東のエデン 劇場版 Paradise Lost』 2010年1月9日(土)より
/http://www.juiz.jp

滝沢朗着用モデルのM65
/http://www.parco-city.com/mall/commodity_param/shc/99par084/ctc/edenofeast/cmc/eoe-041/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集