KOTOKO 押井守8年ぶりの長編実写映画のテーマソングを歌う | アニメ!アニメ!

KOTOKO 押井守8年ぶりの長編実写映画のテーマソングを歌う

ニュース

 押井守が8年ぶりに世に送り出す長編実写映画『アサルトガールズ』のテーマソングを、人気アーティストKOTOKOが歌うことが明らかになった。
 『アサルトガールズ』は、黒木メイサ、菊地凛子、佐伯日菜子の3人の美女が巨大モンスターと戦うエンタテインメントムービー。ハイクオリティな映像ヴィジュアルとVFXを盛り込んだバトルアクション、新しいタイプのSF映画として話題を呼ぶ。

 今回、そんな美女たちが競演する映画に、音楽面からまたひとり熱狂的な人気を誇る女性アーティストKOTOKOが加わることになる。
 KOTOKOは、これまでに多くのアニメやゲームの主題歌を担当し、さらに活動を広げている。北海道を拠点にする「I’ve」を代表するアーティストとして、北海道の地から日本だけでなくアジア、アメリカなど世界中に音楽とメッセージを送り出している。

 そのKOTOKOが今回歌うテーマソングは『SCREW』、その高い音楽スキルで定評のあるKOTOKOが、『アサルトガールズ』のためにどんな音楽を打ち出してくるのか注目だ。『SCREW』は12月19日の公開に先立つ12月2日にCDが発売される。
 KOTOKOは既に8月26日には好評放送中のテレビアニメ『ハヤテのごとく!!』のオープニングテーマ「daily-daily Dream」を発売、さらに現在は全国ライブツアー真っ最中だ。10月14日にはニューアルバムの発売も決定済み、ますます勢いがつくKOTOKO今後の活躍に目が離せない。

当サイトの関連記事
/押井守と美女3人 長編実写映画「アサルトガールズ」はSF大作

KOTOKO 14thシングル
「SCREW」
2009年12月2日発売


初回限定盤: 1890円 通常盤: 1260円
■ 初回限定盤には本人出演のプロモーションビデオ収録DVD付

『アサルトガールズ』 /http://assault-girls.nifty.com/
12/19(土)より、テアトル新宿、池袋テアトルダイヤほか、全国順次ロードショー

       oshii-girls.jpg
    (c)2009 八八粍・デイズ/ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

【出演】
黒木メイサ、菊地凛子、佐伯日菜子、藤木義勝

【スタッフ】
監督・脚本: 押井守
音楽: 川井憲次
音響監督: 若林和弘
編集・VFX: 佐藤敦紀
撮影: 湯浅弘章
照明: 関輝久 
美術: 黒川通利
衣裳デザイン: 竹田団吾
武術指導: 今野敏
制作: デイズ
製作: ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
配給: 東京テアトル
2009年/日本/カラー/ビスタサイズ/35mm
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集