小学館と集英社、小プロ 仏・独の有力日本アニメ企業買収 | アニメ!アニメ!

小学館と集英社、小プロ 仏・独の有力日本アニメ企業買収

ニュース

 小学館、集英社、小学館集英社プロダクションの3社は、フランスとドイツの日本アニメ専門企業2社を買収した。フランスではアニメ流通大手のKAZE、そしてドイツでもドイツ語圏大手のアニメ流通会社アニメ・ヴァーチャルを子会社化した。
 両社はいずれもフランスとドイツを代表する日本アニメ関連企業で、およそ15年間独立企業として経営を行ってきた。今回、小学館・集英社グループは両社を子会社化することで、日本アニメのヨーロッパ2大市場で一気に大きな足場を築く。既に日本のアニメ、マンガのビジネスで大きな成功を収めている北米に続き、ヨーロッパ市場でも現地子会社を通じたより積極的な展開を目指す。

 KAZEは1994年設立で、長年日本アニメのDVD、ビデオ、劇場配給のビジネスをフランス語圏で行ってきた。さらにポーランド、オランダ、イタリアでもビジネスを展開する。取扱い作品は数多く、主な作品には『名探偵コナン』、『Appleseed』、『Bleach』などある。
 近年、不振が続くヨーロッパの日本アニメDVD市場では、数少ない勝ち組企業とされている。また、積極的経営で知られており、J-POP専門の音楽会社WASABIやアニメ専門チャンネルの運営なども手がける。

 一方、アニメ・ヴァーチャルは、ドイツ、スイスなどのドイツ語圏のほか、北欧や東欧圏でもビジネスを行う。また、独自のアニメ作品のビデオ・オン・デマンドビジネスも展開し、Eye See Moviesという実写映画部門も保有する。
 ドイツを代表する日本アニメ会社で、『名探偵コナン』、『らんま1/2』、『トップをねらえ!』など多数のタイトルを保有する。

 小学館、集英社、小学館集英社プロダクションは、米国に共同出資をする現地子会社VIZメディアを持つ。同社はアニメとマンガの翻訳出版やライセンス管理を行っている。
 VIZメディアは、2007年にヨーロッパでの事業拡大を目的にパリに子会社VIZメディアヨーロッパを設立した。VIZメディアヨーロッパは、北米でのビジネスの成功を、ヨーロッパ地域で展開することを目指した。
 しかし、有力タイトルの多くは現地企業にライセンス販売済であり、北米と違い独自の流通網を持たないことからこれまで苦戦を強いられてきた。今回は現地企業を買収することでこの問題を解決する。

 今後、VIZメディアヨーロッパが3社の統括会社となり、ヨーロッパでのアニメ、マンガビジネスのマネジメントを行う。KAZEとアニメ・ヴァーチャルは、VIZメディアヨーロッパのもとに統合される。
 John P. Easum氏が新しい企業グループの社長となる。そのうえでフランス語圏は、KAZEの現CEOセドリック・リタルディ氏が、ドイツ語圏は現アニメ・ヴァーチャルのCEOニコラス・ウェーバー・キャンサー氏がマネジメント・ディレクターになり、それぞれのビジネスを担当する。

 KAZEとヴァーチャル・アニメは、8月28日付けで自社サイトにて今回の企業売却を明らかにしている。KAZEはCEOであるセドリック・リタルディ氏の名前で、この決定を伝えた。同社は小学館と集英社の子会社となり、これまで通り日本アニメファンの期待に応えたいとする。
 また、今回の小学館・集英社の傘下入りで、同社は自社のライセンス作品のタイトルを強化し、メディアの中での存在感を高めることが出来るとしている。さらに、これまで以上に早く人気作品をヨーロッパ市場に投入出来るとしている。
 一方、アニメ・ヴァーチャルは、過去15年間独立企業として活動してきたが次のステップに進む時が来たと述べている。

KAZE /http://www.kaze.fr/
アニメ・ヴァーチャル /http://www.anime-virtual.de/
VIZメディアヨーロッパ /http://www.vizeurope.com/

小学館 /http://www.shogakukan.co.jp/
集英社 /http://www.shueisha.co.jp/
小学館集英社プロダクション /http://www.shopro.co.jp/
VIZメディア /http://www.viz.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集