アニメ切手に「NARUTO‐ナルト-疾風伝」が登場 10月23日発行 | アニメ!アニメ!

アニメ切手に「NARUTO‐ナルト-疾風伝」が登場 10月23日発行

ニュース 話題

NARUTO-stamp.JPG 世界的に人気の高いあの忍者NARUTOが、10月23日に郵便事業の発行する切手として登場する。NARUTOが登場するのは、郵便事業が日本郵政の時代から続ける人気切手シリーズ「アニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズ」の第11集「NARUTO-ナルト- 疾風伝」である。
 「アニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズ」は、2005年に日本動画協会と日本郵政の協力によってスタートした。毎回日本の代表的なアニメ作品を取り上げており、これまで『ポケットモンスター』や『機動戦士ガンダム』、『新世紀エヴァンゲリオン』など、数多くの人気作品とキャラクターが登場し話題を集めてきた。

 今回の切手もこれまでと同様に10枚綴りの切手シートとなる。それぞれが80円切手で、販売価格は800円。デザインで特徴的なのは、切手一枚一枚がそれぞれキャラクターとして独立している点だ。
 主人公のナルト、ライバルのサスケ、ヒロインのサクラやカカシは勿論、サイ、シカマル、デイダラ、イタチ、自来也、四代目火影と豪華キャラクターの総出演となる。さらに切手シートには、ナルトとサスケの大きなイラストが配される。

 『NARUTO-ナルト- 疾風伝』は、岸本斉史さんが描く人気マンガ『NARUTO-ナルト-』を原作としている。1999年から週刊少年ジャンプ(集英社)で連載され、シリーズ単行本は47巻、累計発行部数は9000万部を超える。
 アニメは2002年からテレビシーリズ化され、現在は『NARUTO-ナルト- 疾風伝』として放送されている。アニメ、マンガとも作品は日本国内だけでなく、海外でも絶大な人気を誇っていることが知られている。今回の切手はファンにとっての楽しみになるだけでなく、海外向けの郵便に使用する切手としても人気を呼びそうだ。

 郵便切手の発行に日本動画協会が協力するのは、2003年の「科学技術とアニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズ」以来続くものだ。日本動画協会は、アニメ素材の提供や原稿制作などを行う。
 動画協会加盟の各企業が製作する作品の中から題材が選ばれており、このため次々と人気作品が登場する。平成21年度(21年4月から22年3月末)は、第10集から第12集の発行を予定している。年末から来年にかけて、さらにもう一作品が登場するとみられる。 
画像: (c)岸本斉史スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ

日本郵便(郵便事業 /http://www.post.japanpost.jp/index.html
日本動画協会 /http://www.aja.gr.jp/

アニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズ〈第11集〉
「NARUTO-ナルト- 疾風伝」


種類: 80円郵便切手
版式刷色: オフセット6色
発行枚数: 1300万枚(130万シート)
販売場所: 全国の郵便局及び郵便事業株式会社支店等
※通信販売や記念押印サービスなどあり。
詳しい情報はゆうびんホームページ /http://www.post.japanpost.jp/ にて

【アニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズ これまでの作品】

第1集 『ポケットモンスター』
第2集 『機動戦士ガンダム』
第3集 『銀河鉄道999』
第4集 『名探偵コナン』
第5集 『新世紀エヴァンゲリオン』
第6集 『未来少年コナン』
第7集 『まんが日本昔ばなし』
第8集 『機動警察パトレイバー』
第9集 『ゲゲゲの鬼太郎』
第10集『名探偵コナン』
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集