NTTひかりTVに東映アニメ作品 ベーシックサービスでも提供 | アニメ!アニメ!

NTTひかりTVに東映アニメ作品 ベーシックサービスでも提供

ニュース

 東映アニメーションのアニメ番組が、NTTぷららの提供する映像配信サービス「ひかりTV」に登場する。9月1日からひかりTVで、東映アニメーションの「東映アニメBBプレミアム」と「アニメジャン」がビデオ・オン・デマンドで利用可能となる。
 東映アニメBBプレミアムは国内最大級を誇る同社のアニメ作品のライブラリーから、人気作品を自社ポータルサイトやインターネットポータル、ネットを通じて送り届ける。アニメジャンは、そうし中から特にマンガ誌少年ジャンプに連載されたマンガを原作とするアニメに特化したブランドである。

 ひかりTVはこれまでにバンダイチャンネルや世界名作劇場といったブランドも提供している。しかし、東映アニメBBプレミアムとアニメジャンの導入で、さらにライナアップが充実し、サービスの魅力を高めることが可能になる。
 番組はオンデマンドの有料サービスだけでなく、一部の作品を月額基本料金内で好きなだけ視聴できる「ベーシック見放題」でも提供される。

 東映アニメBBプレミアムからは6作品が、常にベーシック見放題に並べられ毎月更新される。9月開始時には、『ゲゲゲの鬼太郎』、『美少女戦士セーラームーンセーラースターズ』、『も~っと!おジャ魔女どれみ』、『スラムダンク』、『金田一少年の事件簿』と人気番組が揃う。
 また、アニメジャンからも『Dr. スランプ アラレちゃん』、『ドラゴンボール』などの人気作品が登場予定である。

 ひかりTVは、次世代メディアとして注目されるIPTV市場にNTTグループが参入すべく2008年3月に開始した。NTT東日本とNTT西日本のフレッツに対応している。
 IPTVはインターネットの通信インフラを利用して、家庭テレビに番組配信を行う。テレビ放送の様に編成された番組を送りだすサービスと、オンデマンド形式の番組の選択視聴サービスが提供される。通信と放送の融合として世界的に注目されており、ヨーロッパなどで市場を急拡大している。日本では家電メーカー連合が出資するアクトビラも有名だ。
 サービスの進展が今後も期待されることだけでなく、視聴者に人気の豊富な番組としてアニメが求められるなど、アニメ関係者にとっても今後さらに重要性が増すとみられている。

ひかりTV /http://www.hikaritv.net/
東映アニメーション /http://corp.toei-anim.co.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集