2010年春 アニマックス放映開始 マッドとマーベルのコラボアニメ | アニメ!アニメ!

2010年春 アニマックス放映開始 マッドとマーベルのコラボアニメ

 米国のコミックス出版大手のマーベル(Marvel)と日本のアニメスタジオ マッドハウスがコラボレーンするテレビアニメシリーズがいよいよ姿をみせる。テレビシリーズはマーベルが保有するスーパーヒーローのコミックスを原作に、マッドハウスが日本のアニメスタイルで

ニュース
 米国のコミックス出版大手のマーベル(Marvel)と日本のアニメスタジオ マッドハウスがコラボレーンするテレビアニメシリーズがいよいよ姿をみせる。テレビシリーズはマーベルが保有するスーパーヒーローのコミックスを原作に、マッドハウスが日本のアニメスタイルでアニメ化するものだ。
 アニメ化企画は昨年8月に正式発表されたが、これまでその後の動きは報じられることはなかった。これに対してマーベルは、7月23日から開始するサンディエゴ・コミコンで映像の一部を公開することを明らかにした。

 映像が披露されるのは7月24日金曜日4時半から5時半まで行われる「マーベル アニメーション パネル: The Marvel Animation Panel」である。マーベルが主催するこのパネルは、マッドハウスによるアニメ作品を紹介するためのものだ。
 『アイアンマン』と『ウルヴァリン』の2つの作品のトレーラーを紹介する。パネルは人気アメコミ作家のウォーレン・エリスさんがホスト役を務めるから、多数のアメコミファンが訪れることは間違いない。エリスさんは、スーパーヒーローのリイマジネーションについても語る予定である。

 マーベルは今回紹介される作品が、西洋のスーパーヒーローの文化と日本のアニメ文化の融合したものと紹介する。
 さらに作品は既報どおり4作品になるとしており、今回の『アイアンマン』、『ウルヴァリン』のほか2作品が今後登場しそうだ。また番組は2010年春に日本のアニメ専門チャンネル アニマックスで放映予定としている。トレーラーの公開は米国が先だが、テレビ放映は日本が最初になりそうだ。

 マーベルは出版社だけでなく、『スパイダーマン』を初めとするキャラクターライセンスの管理会社の側面を持つ。ライセンス事業の一環として、同社のキャラクターを利用したテレビアニメーション番組企画は、実は非常に数が多い。
 しかし、そうした中でマーベルは、自社のプロモーションにとって最も重要なイベントでマッドハウスとのコラボレーション作品を特に取上げる。マーベルが、今回の作品をいかに重視しているかが表れている。アニメを通じた日本と海外の共同製作プロジェクトとして、今後も目が離せないものだ。

マーベル(Marvel) /http://marvel.com/
マッドハウス /http://www.madhouse.co.jp/

当サイトの関連記事
/マッドハウス マーベルのスーパーヒーローをアニメ化 2010年
/マッド×マーベル TVアニメ企画正式発表 放送はアニマックス
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集