バンダイ アニメ映像パッケージ 新流通方式で米国ベストバイに | アニメ!アニメ!

バンダイ アニメ映像パッケージ 新流通方式で米国ベストバイに

 米国の日本アニメ映像パッケージの流通で、日本のアニメ会社が新たな流通に挑戦する。6月23日の米国の映像ソフトパッケージビジネス情報サイト ビデオ・ビジネス(VIDEO BUSINESS)は、バンダイナムコグループが大手のベストバイ(Best Buy)向けの商品流通にベンチャ

ニュース
 米国の日本アニメ映像パッケージの流通で、日本のアニメ会社が新たな流通に挑戦する。6月23日の米国の映像ソフトパッケージビジネス情報サイト ビデオ・ビジネス(VIDEO BUSINESS)は、バンダイナムコグループが大手のベストバイ(Best Buy)向けの商品流通にベンチャー企業のMMS(Millenium Media Services)を利用すると伝えている。
 ベストバイはIT・AV関連商品の全米最大の量販店チェーンで、マニア向けのDVDやBlu Ray Disc(BD)の販売のシェアでは全米最大とされている。今回の試みはBest Buy向けに中小規パッケージ会社より効率的に商品を流通出来る試みとなる。

 MMSは、独立系のエンタテイメント商品の流通販売会社ファーストルックスタジオ(First Look Studios)とソニー・ディスクアンドデジタルソリューションズ(ソニーDADC)が出資するベンチャー企業である。
 MMSは、ソニーDADCが生産したDVD、Blu Ray Discを直接ベストバイに流通・販売する。また、パッケージ会社に代わり、流通販売のオペレーションを行う。ビデオ・ビジネスは、今回MMSにはバンダイのほか9つの映像パッケージメーカが参加するとしている。

 こうした新たな中小パブリッシャー向けの流通販売会社の設立は、昨今のベストバイのマネジメント変化を反映したものだ。昨年米国では、ベストバイと同業のIT・AV関連商品量販店チェーン第2位のサーキットシティ(Circuit City)が経営破綻している。
 しかし、ライバル企業の破綻にも関わらず、ベストバイの今年第1四半期の国内業績は減収減益にとどまった。このため同社は、急速な経営合理化を進めている。この結果、中小の仕入先の整理や取引打ち切りも念頭に置いているとされる。

 MMSはこうした中小企業からの仕入れのオペレーションを一手に引き受ける。そしてベストバイは、商品のラインナップを減らすことなく、取引業務を効率化することが出来る。
 また、バンダイにとっては既にアニメDVD、BDのラインナップの一部削減に動いているとされるベストバイとの取引を広い範囲で継続することが可能となる。アニメ映像パッケージの流通に大きな変化が見られる米国で、注目すべき動きとなっている。

ビデオ・ビジネス(VIDEO BUSINESS) /http://www.videobusiness.com/
/Indie titles streamlined for Best Buy

BANDAI Entertainment /http://www.bandai-ent.com/
ベストバイ /http://www.bestbuy.com/

First Look Studios  /http://www.firstlookmedia.com/
ソニー・ディスクアンドデジタルソリューションズ(ソニーDADC)(米国)
/http://www.sonydadc.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集