ブシロード トレカの英語版発売 「魔界戦記ディスガイア」で | アニメ!アニメ!

ブシロード トレカの英語版発売 「魔界戦記ディスガイア」で

ニュース

D-en.jpg トレーディングカードゲームのブシロードが、海外向けに新たな展開を開始した。同社の人気カードゲーム「魔界戦記ディスガイア」の英語版を開発し、5月30日から発売を開始する。
 「魔界戦記ディスガイア」は、2003年にロールプレングゲームとして世に登場した。その後、アニメ化やマンガ化、小説化もされている。ブシロードは作品の世界観とキャラクターをトレーディングカードゲームにして、人気タイトル「ヴァイスシュヴァルツ」の一タイトルとし展開している。

 日本語版は、既にトライアルデッキとブースターパックが発売されているが、今回は新たに英語版を作成した。商品は「Disgaea ~Hour of Darkness~」、英語版テキストはNIS (NIPPONICHI SOFTWARE)USAの監修のもと作品の世界を忠実に再現しながら、シンプルで分かりやすくした。
 今回の英語版の作成についてブシロードは、同社のTCGが海外でも高評価を得ているためだという。今回の英語版で、海外のファンにもゲームを楽しんで貰いたいとしている。さらに国内では、コレクタブルアイテムとしての人気も期待している。国内外で販売を目指すユニークな戦略を取る。

 今回の「Disgaea ~Hour of Darkness~」は、カード50枚入りの構築済みデッキにルールシート、プレイブック、プレイマット、それにデッキ解説書がセットされ1300円となる。またトライアル限定カードが2種類入るほか、ホロカードもランダムに封入される。
 商品は4月末に開催された香港C3でも既に一般販売を行なっており、今回は日本デビューとなる。ブシロードでは今後も「Disgaea ~Hour of Darkness~」を、北米やEU、アジア市場に積極的に販売していく方針だ。
 海外では、『遊戯王』や『ポケットモンスター』など、日本のキャラクターを用いた人気カードゲームは少なくない。その中で、よりマニア志向の高い「ヴァイスシュヴァルツ」のタイトルが、今後どの様に受け入れられて行くだろうか。

画像: (c) bushiroad All Rights Reserved.
    (c) NIPPON ICHI SOFTWARE INC. All Rights Reserved.

ブシロード /http://bushiroad.com/

ヴァイスシュヴァルツトライアルデッキ
「魔界戦記ディスガイア」(“Disgaea ~Hour of Darkness~”)

発売日: 平成21年5月30日(土)
商品仕様: カード50枚入り構築済みデッキ/ルールシート・プレイブック・プレイマット&デッキ解説書付
1300円
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集