加藤久仁生「つみきのいえ」など 長崎県美術館で展示と上映 | アニメ!アニメ!

加藤久仁生「つみきのいえ」など 長崎県美術館で展示と上映

ニュース

 5月1日より長崎県美術館にて、第12回文化庁メディア芸術祭や第14回学生CGコンテストの受賞作品などの紹介と上映が行われる。
 長崎県美術館でのこの試みは昨年より開始されたもので、今回で2度目となる。アート部門、エンターテインメント部門、アニメーション部門、マンガ部門の4部門で受賞した作品が、美術館入口のアートビジョンで紹介される。

        nagasaki1.jpg

 アートビジョンでは、アニメーション部門で大賞を受賞した加藤久仁生氏の『つみきのいえ』および優秀賞を受賞した湯浅政明監督の『カイバ』の本編は紹介されない。
 短編作品のみとなるアニメーション部門での受賞作品を含む一部の上映が、5月5日15時より2Fホールで行われる。『つみきのいえ』の本編はこちらで上映される。
 翌6日は同じく2Fホールで15時より第14回学生CGコンテストの動画部門の受賞作品とノミネート作品が上映される。このほか5日と6日には、13時よりエンターテインメント部門で大賞を受賞した『TENORI-ON』も2Fホールで展示される。

        nagasaki2.jpg

 一方、長崎県美術館では4月4日から男鹿和雄展も開催されている。この男鹿和雄展はスタジオジブリ作品などの背景を担当している男鹿和雄氏にフォーカスを当てたもので、一昨年東京都現代美術館で開催された。その後、順次全国を巡回している。
【真狩祐志】

長崎県美術館 /http://www.nagasaki-museum.jp/
CG-ARTS協会 /http://www.cgarts.or.jp/

当サイトの関連記事
/文化庁メディア芸術祭大賞「つみきのいえ」 優秀賞「カイバ」など
/アカデミー賞受賞「つみきのいえ」 東京国際アニメフェアでも上映
/東京都現代美術館「男鹿和雄展」大好評で特別開館の追加決定

第12回文化庁メディア芸術祭「アニメーション部門」短編作品上映会

受賞作品
  『つみきのいえ』 加藤久仁生
  『DREAMS』 荒井知恵
  『KUDAN』 木村卓
  『こどもの形而上学』 山村浩二
  『ALGOL』 岡本憲昭

審査委員会推薦作品
  『CHRISTIAN BAUER-Tree of Life』 橋本ダイスケ
  『Omstart』 Cornelius/辻川幸一郎
  『shift』 八木智子
  『王さまものがたり3』 三角芳子
  『スケッチブック 華屋八兵衛ノ巻』 竹内僚平/佐々木大輔/高橋紀乃
  『ニャッキ!ふみきり』 伊藤有壱
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集