西尾維新アニメプロジェクト 2010年「刀語」大河アニメ化決定 | アニメ!アニメ!

西尾維新アニメプロジェクト 2010年「刀語」大河アニメ化決定

ニュース

 作家西尾維新氏の作品群をアニメ化する一大プロジェクト「西尾維新アニメプロジェクト」公式サイトは、1月1日に同氏の代表作『刀語』のアニメ化決定を発表した。発表は「2010年大河アニメ化決定!」と名を打っており、「大河ノベル」としてリリースされた原作小説と合わせている。
 また1月1日に公式サイトでは、「西尾維新アニメプロジェクト」の発起人である講談社の太田克史氏とアニプレックスの岩上敦宏氏のインタビューも公開されている。このインタビューのなかで両氏は、「西尾維新アニメプロジェクト」では従来とは異なったアニメ化をすると語っており、『刀語』でもこれまでと異なった映像表現が期待出来そうだ。

 西尾維新氏は2002年に講談社のメフィスト賞にて20歳でデビューした。新進の作家として注目されている。「戯言シリーズ」や「人間シリーズ」、「新本格魔法少女りすか」など多数の作品をリリースしている。
 代表作の「物語シリーズ」のうち『化物語』も、既に「西尾維新アニメプロジェクト」でのアニメ化が決まっており、同じ1月1日に2009年7月放送開始が発表された。こちらは制作を『ef』シリーズのシャフト、監督を『さよなら絶望先生』などの新房昭之氏が行う。

 今回、大河アニメが決定した『刀語』は、西尾氏の初の時代小説である。主人公の剣術・虚刀流七代目当主である鑢七花が、伝説の12本刀を集める旅に旅立つ。サイトでは、剣劇活劇時代劇、対戦格刀剣花絵巻として作品を紹介する。
 アニメ化は2010年とされ、まだ少し先になる。しかし、製作に関わる太田氏は講談社BOXレーベルの創立を行い劇場版『空の境界』のスーパーバイザー、アニプレックスの岩上氏はその劇場版『空の境界』のプロデューサー、『刀語』は一過性ではない入念なプロジェクトになると思われる。

「西尾維新アニメプロジェクト」 公式サイト /http://www.nisioisin-anime.com/

『刀語』 公式サイト /http://www.katanagatari.com/
『化物語』 公式サイト /http://www.bakemonogatari.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集