バーディーの豪華な鉄腕PARTY 「DECODE:02」先行試写も | アニメ!アニメ!

バーディーの豪華な鉄腕PARTY 「DECODE:02」先行試写も

 12月23日、東京・乃木坂で、1月からテレビ放映も始まる『鉄腕バーディー DECODE:02』のスペシャルイベント「鉄腕PARTY」が開催された。  イベントは限定200名で招かれたファンも交えて、第2シーズンの第1話をいち早く楽しもうというものだ。

イベント・レポート
 12月23日、東京・乃木坂で、1月からテレビ放映も始まる『鉄腕バーディー DECODE:02』のスペシャルイベント「鉄腕PARTY」が開催された。
 イベントは限定200名で招かれたファンも交えて、第2シーズンの第1話をいち早く楽しもうというものだ。

 そしてイベントには、クリスマス前のPARTYに相応しく、かなり豪華なゲストが登場した。まずは原作者のゆうきまさみさん、監督の赤根和樹さん、クリエティブプロデューサーの出渕裕さん、主人公バーディーを演じる千葉紗子さんである。
 さらに司会には、アニメ評論家の氷川竜介さん。アニメ界の重鎮が並んだため、トークの方向もしばしば濃い目のところに向かう。そんなゲストたちと楽屋で今日の上映作品を見たという千葉紗子さんが、アニメの新しい見方が判ったと感心するという展開だ。

          DSC_0430.JPG

 また、今回のイベントでは『鉄腕バーディー DECODE:02』の第1話先行上映に加えて、2つの作品を上映した。ゲストに縁のある作品として『機動警察パトレイバー』第38話「地下迷宮物件」と『ノエイン もうひとりの君へ』の第1話「アオイユキ」である。
 『機動警察パトレイバー』はゆうきまさみさん原作で、出渕裕さんも制作参加する作品。押井守監督が脚本を勤めたことでも知られる。

 一方、『ノエイン もうひとりの君へ』は、ゆうきまさみさんが大ファンだったという作品。ゆうきまさみさんは最初観た時からその世界に引き込まれたという、今回の『鉄腕バーディー DECODE:02』と同じ赤根和樹監督によるものである。というのも今回も赤根監督だということで、アニメ化をお願いしたからだ。
 さらに『ノエイン』には千葉紗子さんも主要キャラクターで出演していたという、何かとつながりが深い。いずれの作品も名作として名高いだけに、上映中は観客の目を釘付けにしていた。

        DSC_0438.JPG

 この2本の名作の後に上映された『鉄腕バーディー DECODE:02』第1話は、先の2作品に匹敵するハイクオリティでこちらも来場者の目を奪った。
 物語は第1シーズンの1ヵ月後からスタート。前作を踏まえつつ、新たなトーンで展開が進む。監督によれば作品は、第1シーズンよりいろいろな意味でハードな内容になるという。
 前作が夏、若いつとむからの目線、そしてつとむと中杉小夜香の恋の話であったのに対して、今回は秋から冬、バーディーの大人目線で、バーディーの恋が語られる。それだけにアクションシーンも恋愛シーンも、よりアダルトになるのが見所だ。これについてはゆうきまさみさんも「自分では出来ないことをアニメがやってくれた」と語るほどである。

 イベントは上映とトークを含めて3時間あまり、第2期でも有田しおんは大活躍しますといった気になる情報や、新キャラ位置づけなどの重要情報もチラリと語られた。
 第2シーズンが好調ならその先の展開もあるかもしれないと出渕裕さんが語るなど、最後はセカンドシーズンも宜しくお願いしますとの挨拶で締めくくった。

『鉄腕バーディー DECODE:02』公式サイト /http://www.birdy-tv.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集