甦る永井豪ロボットアニメ「鋼鉄神ジーグ」BD-BOX 3月18日発売 | アニメ!アニメ!

甦る永井豪ロボットアニメ「鋼鉄神ジーグ」BD-BOX 3月18日発売

 2007年に30年ぶりの復活として話題を呼んだ『鋼鉄ジーグ』の21世紀バージョン『鋼鉄神ジーグ』が、Blu-Ray Disc BOXにて2009年3月18日で発売される。  作品は2007年4月から3ヶ月にわたりWOWOWで放映された。高い人気を誇る永井豪さん原作の『鋼鉄ジーグ』の復活とし

ニュース
 2007年に30年ぶりの復活として話題を呼んだ『鋼鉄ジーグ』の21世紀バージョン『鋼鉄神ジーグ』が、Blu-Ray Disc BOXにて2009年3月18日で発売される。
 作品は2007年4月から3ヶ月にわたりWOWOWで放映された。高い人気を誇る永井豪さん原作の『鋼鉄ジーグ』の復活として注目を浴びた。特に旧作アニメの人気も高い海外で、『鋼鉄神ジーグ』アニメ化は大きなニュースとして取り上げられている。

 近年、過去に人気を集めたロボットアニメが復活する例は多いが、その多くはリメイクや別の話というアナザーストーリーとの位置づけである。
 今回の『鋼鉄神ジーグ』の魅力は、物語が30年前に「テレビマガジン」で連載された旧作コミックの直接的な続編となっているところだ。永井豪さんによる大河ドラマの一端を形成することになる。
 その物語は、鋼鉄ジーグと邪魔大王国が九州で最終決戦を行ってから50年後が舞台となる。50年間連絡不能になっている九州、そして時を経て復活するハニワ幻神と邪魔大王国、主人公草薙剣児は忘れられた大地・九州を取り返すため戦う。 

 『鋼鉄神ジーグ』では、旧作のメカ・キャラクターと共に永井豪さんによる新たなアイデアを基にした新キャラクターが登場、新規のストーリーが展開されている。初めて観て楽しめるだけでなく、旧作を知るとより一層楽しめる作品に仕上がっている。
 番組は当初からHDクオリティで放映されている。今回はこのHDマスターからBD- BOXとすることで、この放映時のクオリティを再現するのも魅力となっている。
 BD-BOXは、全13話を BD4枚に再構成、特典映像として原作者永井豪インタビュー、ノンクレジットOP、ノンクレジットEDも収録する。価格は税込み33600円となっている。

BD.jeeg.jpg『鋼鉄神ジーグ』 Blu-ray Disc BOX
2009年3月18日発売
価格: 税込33600円(税抜32000円)
スペック: Blu-ray Disc(片面1層)×4枚組/全13話収録/本編312分+特典映像10分/MPEG-4 AVC/16:9ワイドスクリーン(1080i High Definition)/音声リニアPCM 2chステレオ
付属特典:
菊池 晃描き下ろし特製収納BOX/カラーブックレット(約100P予定)
特典映像:
『原作者 永井 豪インタビュー』/『ノンクレジットOP』『ノンクレジットED』

【スタッフ】
原作: 永井 豪
監督: 川越 淳
シリーズ構成: 早川 正
脚本:外池省二・高橋 ナツコ・柿原 優子
キャラクター設計: 菊池 晃
メカデザイン: 堀井 敏之
ハニワ幻神デザイン: 小川 浩
美術監督: 坂本信人
色彩設計: 原田 幸子
撮影監督:阿部 安彦
CGI: シフト・アール
編集: 田熊 純
美術: bic studio 
撮影: レアトリック
音響監督: 岩浪 美和
音響制作: 神南スタジオ
音楽: 平野 義久
音楽プロデューサー: 井上 俊次
音楽制作: ランティス
アニメーション制作: アクタス 
製作: ビルドベース
                          (c)永井豪/ダイナミック企画・ビルドベース
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集