榊一郎「神曲奏界ポリフォニカ」クリムゾン・シリーズアニメ化 来年春 | アニメ!アニメ!

榊一郎「神曲奏界ポリフォニカ」クリムゾン・シリーズアニメ化 来年春

ニュース

sinseikey.jpg 人気ライトノベル作家榊一郎さんの『神曲奏界ポリフォニカ』クリムゾン・シリーズが、このほどテレビアニメ化されることになった。
 『神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS』として、2009年春よりテレビ放映される。監督は鈴木利正さん、シリーズ構成に金巻兼一さん、キャラクターデザインは小原充さんが行う。またアニメ制作は、『乃木坂春香の秘密』、『こどものじかん』を手がけたディオメディアが行う。キャストと放映局は現在未発表のため、今後のリリースが注目される。

 一つの世界観と設定を基に人気作家たちが、それぞれ独自に作品の世界を広げていくシェアード・ワールド・プロジェクトを行っている「神曲奏界ポリフォニカ」のひとつである。
 榊さんによるこのクリムゾン・シリーズは、その中核を占めるシリーズ。シリーズ7巻の累計が150万部を突破している人気作品でもある。特に10代、20代に人気が高いという。

 作品は人と精霊が共存し、精霊が力を持って暮らす大陸ポリフォニカを舞台とする。主人公タタラ・フォロンは、神曲楽士を養成するトルバス神曲学院の生徒。そしてキュートで最強の精霊コーティカルテと契約をしている。
 物語は学園生活のなかでのコーティカルテとフォロン二人の恋と成長が中心だ。その中で二人はさまざまな事件と出会う。人間と精霊という異なるもの同士の相互理解が大きなテーマとなり、骨太のドラマが展開する。

 原作者の榊一郎さんは、本作以外にも『スクラップド・プリンセス』や『ストレイト・ジャケット』、『まじしゃんず・あかでみい』などの人気シリーズを数多く持ちその多くがアニメ化されている。またテレビアニメ『デビル・メイ・クライ』の脚本を担当するなど、様々なメディア活動に積極的だ。
 ポリフォニカの「シェアード・ワールド・プロジェクト」も、複数の作家が参加するだけでなく、メディアに捉われない活動が目指されている。そうしたなかで登場する『神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS』、来年春の放映開始が待たれる。
                               (c)榊一郎/トルバス神曲学院

        sinseilogo.jpg
           (c)榊一郎/トルバス神曲学院

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS /http://www.polyphonica.tv/

原作 榊一郎 (ソフトバンク クリエイティブ GA文庫刊)
放送時期 2009年4月より放送開始
放送話数 全12話

【スタッフ】
監督 :鈴木利正
シリーズ構成 :金巻兼一
脚本 :川崎ヒロユキ/関島眞頼
キャラクターデザイン :小原 充
美術監督 :小濱俊裕
美術設定 :澤良憲
色彩設計 :高谷知恵
撮影監督 :飯島 亮
編集 :関 一彦
音響監督 :明田川仁
音響制作 :マジックカプセル
音楽制作 :ランティス
プロデュース :ティー・オー・エンタテインメント
アニメーション制作 :ディオメディア

『神曲奏界ポリフォニカ カーディナル・クリムゾン』 コミカライズ
「Yahoo!コミック」内、「フレックスコミックスブラッド」にて連載中
/http://comics.yahoo.co.jp/magazine/blood/sinnkixy02_0001.html
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集