しずおかデジタルコンテンツグランプリ2008 ノミネート作品発表 | アニメ!アニメ!

しずおかデジタルコンテンツグランプリ2008 ノミネート作品発表

 しずおかデジタルコンテンツグランプリ2008のノミネート作品が発表された。このしずおかデジタルコンテンツグランプリは、静岡県のデジタルコンテンツの普及促進や人材育成、コンテンツ産業の振興を図る目的で開催されてきたものである。  前身は2002年から開始され

ニュース
 しずおかデジタルコンテンツグランプリ2008のノミネート作品が発表された。このしずおかデジタルコンテンツグランプリは、静岡県のデジタルコンテンツの普及促進や人材育成、コンテンツ産業の振興を図る目的で開催されてきたものである。
 前身は2002年から開始された静岡県ホームページグランプリで、2005年から動画の募集も開始したことにより現在の名称に変更された。

 これまで静止画部門と動画部門で応募を行ってきたが、今回はプロモーション部門も新設された。
 例年、静止画部門と動画部門とにも課題が設けられており、今回のそちらのお題は「おいしい静岡」となっていた。一方、新設されたプロモーション部門では静岡いちご「紅ほっぺ」が対象となっていた。

 動画部門の自由テーマにノミネートされたのは、『布切れと青銅』、『BUILDINGS』、『印鑑検査工場』、『ケータイ狂想曲』、『おふろジャングル』など10作品である。
 つぎはぎダラケ氏の『布切れと青銅』は、第5回国際ニコニコ映画祭で布切れと青銅賞だった作品、上甲トモヨシ氏の『BUILDINGS』は、これまでも着実に受賞歴を増やしてきた作品である。またIshiProの『印鑑検査工場』は、デジタルクリエーターズコンペティション2008で銀の翼賞、第14回学生CGコンテストで佳作を受賞していた。

 同じく烏田晴奈氏の『ケータイ狂想曲』は、第14回学生CGコンテストでは特別賞となっている。そして『おふろジャングル』の飯田千里氏は、東京国際アニメフェア2006の第5回東京国際アニメアワード公募部門に『そうじきとおんなのこ』で審査員奨励賞に選ばれたこともある。
 審査結果の発表と表彰式は1月23日にサールナートホールで行われる。
【真狩祐志】

しずおかデジタルコンテンツグランプリ /http://sdcg-exco.jp/

当サイトの関連記事
/しずおかデジタルコンテンツグランプリ2007 受賞作品発表
/第4回しずおかコンテンツバレーフェスティバル 10月31日より開催

しずおかデジタルコンテンツグランプリ2008 ノミネート作品(動画部門)

【課題テーマ】
 『チャンネル☆しずおか』 いいだら
 『茶魂』 堀田陽祐
 『西浦みかん』 沼津情報専門学校
 『shizuoka delcious』 沼津情報専門学校
 『しぞーかおでん』 沼津情報専門学校
 『しずおかをたべる?』 傘屋
 『魅力あふれる静岡の味』 Jun
 『しずおかぼっくす』 あずきもち
 『Recover stolen Shizuoka green tea』 山口沙織
 『紅ずきんちゃんbyえの』 えの
 『おいしい静岡』 グィン ホアン リン

【自由テーマ】
 『布切れと青銅』 つぎはぎダラケ
 『BUILDINGS』 上甲トモヨシ
 『印鑑検査工場』 IshiPro
 『まったりと』 koutyan
 『ベベル・ベベル』 白田明日香
 『ケータイ狂想曲』 烏田晴奈
 『笑った富士山』 唐澤和也
 『扉』 イシガミ
 『おふろジャングル』 飯田千里
 『Night Delivery(ナイトデリバリー)』 hamko
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集