タツノコ×マッドハウス新作「キャシャーンSins」 10月放送開始 | アニメ!アニメ!

タツノコ×マッドハウス新作「キャシャーンSins」 10月放送開始

ニュース

(C)2008 タツノコプロ/キャシャーンSins Project
casshern-sins_keyVisual.jpg
 タツノコプロの名作『新造人間キャシャーン』の新作アニメシリーズ、『キャシャーンSins』のテレビ放送が2008年10月より開始される。
 MBS(毎日放送)、テレビ神奈川、テレ玉、チバテレビ、テレビ愛知で放送が予定されている。

 『新造人間キャシャーン』は、1973年に制作された竜の子プロダクションのSFヒーローアクションのテレビアニメシリーズである。人間の心を持った新造人間の心の葛藤と戦争をテーマにしたシリアスな展開が人気となった。
 この作品に影響を受けたとするクリエイターも数多く、その後1993年にOVAでリメイクされたほか、2004年4月には紀里谷和明監督により同作を原作とした実写映画が公開された。

 今回、完全新作となる『キャシャーンSins』も、こうしたこれまで作品の持つハードさを踏まえている。舞台は人類が滅びつつある遙か未来。世界を支配するブライキング・ボスは「月という名の太陽」と呼ばれ崇められている少女ルナの殺害を、キャシャーン、ディオ、レダに命じる。やがて、人間もロボットも滅びの道を歩んでいる中、記憶を無くしたキャシャーンが再び現れる。ルナの秘密とキャシャーンの本当の使命を求める物語となる。
 オリジナルTVシリーズのテーマを発展させ、「人間とは何か」、「生命とは何なのか」を考えていくシリアスなストーリーは今作でも健在だ。

 アニメ制作はマッドハウス担当する。監督は長年東映アニメーションで監督・演出を務めた山内重保さんが行う。
 シリーズ構成は『仮面ライダー電王』、『BLASSREITER』などシナリオを手がけた小林靖子さん、キャラクターデザインは『おジャ魔女どれみ』から『剣風伝奇ベルセルク』まで幅広い絵柄を持つ人気アニメーターの馬越嘉彦さんが担当する。

 豪華なキャスト陣も魅力になる。主人公キャシャーンを、『機動戦士ガンダム』アムロ役で知られる古谷徹さんが演じる。古谷さんの久々の主演作品ということで、どのような演技になるかも注目だ。
 また、キャシャーンをつけ狙う女ロボットのリューズ役は『甲虫王者ムシキング 森の民の伝説』主人公ポポを演じた宮原永海さん。このほか、ルナ役に矢島晶子さん、ブライキング・ボス役に内海賢二さんなどベテランの起用も光る。

 主題歌はカラーボトルが歌う『青い花』である。彼らのミニライブと第一話の先行上映会が2008年9月14日(日)、スペースFS汐留で行われる。
 このほか古谷さん、山内監督らが出演してトークショーを行う予定だ。申し込みは8月10日より公式サイトで受け付ける。

『キャシャーンSins』公式サイト /http://www.casshern-sins.jp

キャシャーン復活!!「キャシャーンSins」ミニライブ&第一話先行上映会
主催: キャシャーンSins製作委員会
開催日: 2008年9月14日(日曜日)
時間: 16時開場 16時30分開演  18時終演予定
会場: スペースFS汐留 (東京都港区東新橋1-1-16 汐留FSビル3F)
イベント内容: 「キャシャーンSins」第一話先行上映、キャストによるトークショー、ミニライブ
出演者(予定): 古谷徹(キャシャーン役)、山内重保(監督)、カラーボトル(主題歌)他

『キャシャーンSins』

【スタッフ】
原作: 竜の子プロダクション
監督: 山内重保
シリーズ構成: 小林靖子
キャラクターデザイン: 馬越嘉彦
音楽: 和田薫
アニメーション制作: マッドハウス

【キャスト】
キャシャーン: 古谷徹
リューズ: 宮原永海
リンゴ: 皆口裕子
オージ: チョー
ブライキング・ボス: 内海賢二
ルナ: 矢島晶子
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集