「機動戦士ガンダムOO」米国SCI FIチャンネルで放映決定 | アニメ!アニメ!

「機動戦士ガンダムOO」米国SCI FIチャンネルで放映決定

ニュース

 ガンダムシリーズの最新作『機動戦士ガンダムOO』が、米国のSCI FIチャンネルで放映をされることが決定した。米国で日本アニメ事業を行うバンダイエンタテイメント(Bandai Entertainment)が発表した。
 放映は11月から、SCI FIチャンネルが月曜日夜に設けている日本アニメの放映枠「アニ・マンデー:Ani-Monday」で行われる。『ガンダムOO』の第1シーズンを、1度に2話ずつ13週にわたり放映する。

 アニ・マンデーは夜11時から2時間の枠となっており、米国のメディアグループ スターズ・メディア(Starz Media)がプログラムを提供している。
 北米で『機動戦士ガンダムOO』のライセンスを持つバンダイエンタテイメントが、スターズ・メディアにテレビ放映権をサブライセンスし、それをさらにSCI FIチャンネルで放映をするかたちとなる。

 「ガンダム」シリーズは、米国ではこれまでも『機動戦士ガンダム』、『Gガンダム』、『ガンダムW』、『ガンダム SEED』といった作品が度々放映をされてきた。そのほとんどはカートゥーンネットワークのアダルトスイム枠での放映であった。
 今回、『ガンダムOO』の放映にSCI FIチャンネルが選ばれたのは、近年のカートゥーンネットワークの方針の変化も影響しているとみられる。カートゥーンネットワークは、自局が製作するアニメーションによりよい放映時間を割当、条件の良い時間で放映出来る日本アニメが減っている。このため同局の放映枠を巡る日本アニメ同士の競争が増している。

 一方で、SCI FIチャンネルは若者に人気の高いアニメを積極的に放映することで、若い世代にチャンネルの魅力をアピールする方針を取っている。近年日本アニメの放映枠は拡大傾向にある。
 特に『ガンダムOO』が、若い男性に受けるロボットアクションということも、同局のプログラムと一致したものと思われる。

機動戦士ガンダムOO公式サイト(米国)
  /http://gundam00.bandai-ent.com/
SCI FI ANIME(SCI FIチャンネルのアニメセクション)
  /http://www.scifi.com/anime/

バンダイエンタテイメント(Bandai Entertainment)
  /http://www.bandai-ent.com/
スターズ・メディア(Starz Media) /http://www.starzmedia.com/

当サイトの関連記事
/米国のSFチャンネル 2月から日本アニメ放映枠を拡大
/米 SFチャンネル深夜アニメ放映枠開始 スタートは攻殻SSS
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集