「るるぶエヴァンゲリオン」“カヲルと妄想旅行”プランも♪ シンジ、レイ、アスカらが揃って表紙 | アニメ!アニメ!

「るるぶエヴァンゲリオン」“カヲルと妄想旅行”プランも♪ シンジ、レイ、アスカらが揃って表紙

アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズと旅行ガイドブック「るるぶ」がコラボレーションした「るるぶエヴァンゲリオン」が2022年7月6日に発売。このたび、シンジ、アスカ、レイ、マリ、カヲルの5人が描かれた表紙が公開された。

ニュース
注目記事
「るるぶエヴァンゲリオン」1430円(税込)(C)カラー
  • 「るるぶエヴァンゲリオン」1430円(税込)(C)カラー
  • 「るるぶエヴァンゲリオン(仮)」1430円(税込)(C)カラー
アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズと旅行ガイドブック「るるぶ」がコラボレーションした「るるぶエヴァンゲリオン」が2022年7月6日に発売。このたび、シンジ、アスカ、レイ、マリ、カヲルの5人が描かれた表紙が公開された。

「るるぶエヴァンゲリオン」は「エヴァ」の作品舞台のモデル地となった箱根、浜松、宇部を、ファン目線で深掘りして楽しめる観光ガイドブック。物語の舞台となった“第3新東京市”のモデル地・箱根をはじめ、2021年公開の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』に登場した“第3村”のモデル地の一つである浜松、「シンエヴァ」のクライマックスに登場した宇部新川駅をるるぶ的に観光案内する。

そんな「るるぶエヴァンゲリオン」の表紙が公開。碇シンジ、式波・アスカ・ラングレー、綾波レイ、真希波・マリ・イラストリアス、渚カヲルの5人のオリジナル描き下ろしイラストが旅行気分を盛り上げる。
さらに、このイラストを使用したオリジナルポスター、ステッカーが本書の付録としてついてくる。

本書では観光案内だけでなく、キャラクターとの妄想旅行プランも用意。
エヴァのファンとして知られる椿鬼奴とるるぶ編集部が、ファン目線でカヲルと「一緒にこんな場所に行ってみたい!」という妄想を叶える旅行プランを計画。また、レイと浜松、アスカと箱根、マリと宇部というラインナップで、エヴァならではの小ネタやキャラクターごとの特徴も盛り込んだ妄想旅行も提案。

さらに、庵野秀明監督の出身地でもある宇部には、エヴァゆかりのスポットのほかにも魅力的なポイントも。思わず写真を撮りたくなる絶景や、ファンおなじみのグルメが紹介される。

そのほか「 JTB時刻表 」の元名物編集長によるエヴァの鉄道コラムや、旅行に持っていきたいエヴァセットなど、充実の内容が収録される。

「るるぶエヴァンゲリオン」の価格は1,430円(税込)。現在オンライン書店での予約を受け付けており、2022年7月6日発売となる。

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります


<書誌概要>
【書名】『るるぶエヴァンゲリオン』
【定価】1430円(10%税込)
【仕様】AB判、オールカラー、80ページ
【発売日】2022年7月6日(水)
【発行】JTBパブリッシング
【販売】全国の書店、EVANGELION STORE

(C)カラー

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を見るならコチラ!
プライムで観る/30日間の無料体験を開始する
※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります

《umi》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集