豊崎愛生、出演決定!「異世界薬局」第1弾PV公開“心のお薬のような存在になりますように” | アニメ!アニメ!

豊崎愛生、出演決定!「異世界薬局」第1弾PV公開“心のお薬のような存在になりますように”

“異世界チート×現代薬学”ファンタジー『異世界薬局』(2022年放送)の第1弾PVが公開。また主人公のファルマ・ド・メディシスを、豊崎愛生が演じることに決まった。キャストからはコメントも到着している。

ニュース
注目記事
『異世界薬局』第1弾PVビジュアル(C)2022 高山理図/MFブックス/「異世界薬局」製作委員会
  • 『異世界薬局』第1弾PVビジュアル(C)2022 高山理図/MFブックス/「異世界薬局」製作委員会
  • ファルマ・ド・メディシス(表情)(C)2022 高山理図/MFブックス/「異世界薬局」製作委員会
  • ファルマ・ド・メディシス(立ち絵)(C)2022 高山理図/MFブックス/「異世界薬局」製作委員会
  • 『異世界薬局』ティザービジュアル(C)2022 高山理図/MFブックス/「異世界薬局」製作委員会
“異世界チート×現代薬学”ファンタジー『異世界薬局』(2022年放送)の第1弾PVが公開。また主人公のファルマ・ド・メディシスを、豊崎愛生が演じることに決まった。キャストからはコメントも到着している。


『異世界薬局』ティザービジュアル
『異世界薬局』の原作は、著:高山理図、イラスト:keepoutが「MFブックス」にて刊行している本格的薬局ファンタジー小説。
研究に没頭するあまり過労死してしまった若き薬学者が、異世界で宮廷薬師の名家の息子ファルマとして転生。間違った治療法や薬の調合が横行する異世界で、前世で培った現代薬学と手に入れたチート能力を駆使し、人々を救うためあらゆる疾病に立ち向かう姿を描いている。


この度、本作の第1弾PVが公開。またメインスタッフ、キャスト情報も発表された。監督を草川啓造、シリーズ構成を渡航、キャラクターデザインを松本麻友子、アニメーション制作をディオメディアが担当する。主人公のファルマ・ド・メディシスを演じるのは、豊崎愛生だ。
その他、放送時期などの詳細については、公式サイトなどでの発表を待ちたい。

TVアニメ『異世界薬局』は、2022年放送。

<以下、コメント全文掲載>


ファルマ・ド・メディシス役:豊崎愛生コメント



ファルマ・ド・メディシス(CV豊崎愛生)
異世界へ転生した薬師、ファルマくんを演じます。異世界薬局では、異世界が舞台でありながら、そこで描かれる人間模様や病気の知識など、とてもリアルで身近なことに感じる作品です。今誰かの命を救おうと力を尽くしてくださっている方々に感謝の気持ちを込めつつ、優しいファルマくんの魅力をしっかりと表現していきたいと思います。
この作品が、観てくださったみなさまに優しく効く、心のお薬のような存在になりますように。

■『異世界薬局』
2022年放送予定

<スタッフ>
原作:高山理図(MFブックス/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:keepout
監督:草川啓造
シリーズ構成:渡 航
キャラクターデザイン:松本麻友子
アニメーション制作:ディオメディア

<キャスト>
ファルマ・ド・メディシス:豊崎愛生

<イントロダクション>
現代日本の薬学研究者であった薬谷 完治は目を覚ますと、宮廷薬師の名家ド・メディシス家の息子、ファルマ・ド・メディシスとして転生していた。
ファルマは間違った治療法や薬の調合、医療行為と呼べない呪術やまじないが横行するこの世界の医療に絶望する。
前世で培った現代薬学に加え、異世界で手に入れたチート能力【物質創造&物質消去】、貴族だけが使える【神術】を駆使し、あらゆる疾病に立ち向かう。
そして、真に効果のある薬を広く人々に届けるべく『異世界薬局』を開業する……。
異世界チート×現代薬学!異世界の医療を変える人助けファンタジー、本日開業!

(C)2022 高山理図/MFブックス/「異世界薬局」製作委員会

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります。


※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります。

《曙ミネ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集