「ダンまち」アニメ第4期のPV公開! ベル(CV松岡禎丞)&ヘスティア(CV水瀬いのり)キャラビジュアルも | アニメ!アニメ!

「ダンまち」アニメ第4期のPV公開! ベル(CV松岡禎丞)&ヘスティア(CV水瀬いのり)キャラビジュアルも

2022年に放送・配信予定の『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかlV』のティザービジュアル、ティザーPV、キャラクター新ビジュアルが公開された。

ニュース
注目記事
『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかlV』ティザービジュアル(C)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ダンまち 4 製作委員会
  • 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかlV』ティザービジュアル(C)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ダンまち 4 製作委員会
  • ヘスティア(C)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ダンまち 4 製作委員会
  • クラネル(C)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ダンまち 4 製作委員会
  • 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかlV』PVカット(C)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ダンまち 4 製作委員会
  • 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかlV』PVカット(C)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ダンまち 4 製作委員会
  • 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかlV』PVカット(C)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ダンまち 4 製作委員会
  • 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかlV』PVカット(C)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ダンまち 4 製作委員会
  • 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかlV』PVカット(C)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ダンまち 4 製作委員会

2022年に放送・配信予定の『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかlV』のティザービジュアル、ティザーPV、キャラクター新ビジュアルが公開された。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)』は、シリーズ累計発行部数が1,200万部突破する、原作・大森藤ノ、イラスト・ヤスダスズヒトによるライトノベル。2015年にTVアニメ化され、劇場版アニメ、ゲームなども展開されている。

このたび、TVアニメ第4期にあたる新章・迷宮篇のティザービジュアルとティザーPVもが公開。ティザービジュアルには松岡禎丞演じるベル・クラネルと、水瀬いのり演じるヘスティアが描かれた。

ベル・クラネルはヘスティア・ファミリア団長。英雄に憧れて、オラリオにやってきた少年で、女神ヘスティアの唯一人の眷族となり、新米冒険者としての一歩を踏み出すが、その後は尋常ならざる速度で成長中。その容貌も相まって、【世界最速兎[レコードホルダー]】と呼ばれている。異端児[ゼノス]のミノタウロス・アステリオスとの死闘を経て、Lv.4 へとランクアップを果たした。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかlV』PVカット【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】

ヘスティアは天界から地上に降りてきた、炎を司る炉[ろ]の女神。ベルの事が大好き。その童顔に似合わぬ豊満なバストは「ロリ巨乳」とあだ名される。ぐうたらで、時にベルへの行き過ぎた愛情を見せるが、眷族思いの優しい神格。掛け持ちのバイト(主にジャガ丸くん販売)でファミリアの生計の手助けをしている。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかlV』PVカット【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかlV』は2022年放送・配信予定。続報を待ちたい。

【イントロダクション】
迷宮都市オラリオ――『ダンジョン』と通称される、壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。
この街で、一柱の小さな女神と出会った冒険者志望の少年は、仲間をつくり、ダンジョンに挑み、多くの死地をくぐり抜け、さらなる<昇格>を遂げていた。そんな彼のもとにもたらされた一通の書状。
書かれていたのは、ダンジョン未到達階層への遠征任務。
未知なる冒険へ向けて、仲間たちと共に、少年は新たな一歩を踏み出す。
これは、少年が歩み、女神が記す、――【眷族の物語】――

【スタッフ】
原作:大森藤ノ(GA 文庫/SB クリエイティブ刊)
キャラクター原案:ヤスダスズヒト
監督:橘 秀樹
シリーズ構成:大森藤ノ/白根秀樹
キャラクターデザイン:木本茂樹
音響監督:明田川仁
音楽:井内啓二
プロデュース:EGG FIRM/SBクリエイティブ
アニメーション制作:J.C.STAFF


※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります。


(C)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ダンまち 4 製作委員会
《スーサイド・モモ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集