「EUREKA/エウレカセブン」愛され続けるシリーズの魅力とは? プロデューサーコメントが到着 | アニメ!アニメ!

「EUREKA/エウレカセブン」愛され続けるシリーズの魅力とは? プロデューサーコメントが到着

映画『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が、2021年11月26日より公開中だ。このたび、その『ハイエボリューション』シリーズを支える渡辺マコトプロデューサーより、ロボットアニメの魅力や最新作についてのコメントが到着した。

ニュース
注目記事
『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』(C)2021 BONES/Project EUREKA MOVIE
  • 『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』(C)2021 BONES/Project EUREKA MOVIE
  • 『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』(C)2021 BONES/Project EUREKA MOVIE
  • 『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』(C)2021 BONES/Project EUREKA MOVIE
  • 『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』(C)2021 BONES/Project EUREKA MOVIE
  • 『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』(C)2021 BONES/Project EUREKA MOVIE
  • 『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』(C)2021 BONES/Project EUREKA MOVIE
映画『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が、2021年11月26日より公開中だ。このたび、その『ハイエボリューション』シリーズを支える渡辺マコトプロデューサーより、ロボットアニメの魅力や最新作についてのコメントが到着した。


【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】
2017年秋より開幕した劇場版『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』シリーズの完結作となる本作では、タイトルの通りエウレカの最後の旅路が描かれている。世界中から憎まれ、孤独に生きてきた贖罪の10年を過ごしたエウレカ。そんな彼女が出会ったのは、スカブコーラルを生み出す能力を持つアイリスという少女だった。

力を失った元少女エウレカと、自分の力を恐れる少女アイリスの運命の出会い。エウレカは自身の能力を恐れる彼女に過去の自分を重ね、アイリスを守る決意をする。そんなエウレカの旅路の果てに待つのは、「少女の終わり」と「少女の始まり」。そこには「HI-EVOLUTION」が切り開いた未来が広がっているのだ。


【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】
このたび到着したコメントでは、渡辺マコトプロデューサーが「ロボットアニメの魅力」、「『エウレカセブン』シリーズの魅力」、「『エウレカ』というキャラクターの持つ魅力」について語っている。愛され続けるシリーズの完結を見届けに、ぜひ劇場に足を運んでみたい。

<以下、コメント全文掲載>【『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』シリーズ渡辺マコトプロデューサー】


■ロボットアニメの魅力について。


70年代生まれの自分を取り巻く環境の影響が強いと思います。東映の「マジンガーZ」の再放送から始まり、特撮も充実していました。
自分にとっては、アニメ=メカ・ロボと言って良いほど。日本のピンチの時には、必ずロボットやヒーローが守ってくれる、ここが自分にとって一番の魅力です。
デザインは賛否両論ありますが、ストーリーや設定が素晴らしい!というものが多く、今でも影響を受けています。
しかし、昨今のメカ・ロボットものは、作り手が考え過ぎで視聴者に難解なイメージを持たれやすくなっている印象を受けます。
アニメーションが時代の影響を受けるものだとするならば、軍事に限らずロボットやメカの活躍は避けられないと思います。
自分が最も影響を受けているジャンルなので、自分も作り続けたいですね。


【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】

■TVシリーズから始まった「交響詩篇エウレカセブン」は、最新作まで約16年間、ずっとファンに愛され続けている。「エウレカセブン」シリーズの魅力は?


まず、作品が持っている爽快感があると思います。そのビジュアルを印象づけている一つの要素がトラパーの波に乗るニルヴァーシュです。
視聴者の男子たちは、そのニルヴァーシュに乗ってレントンと謎の美少女エウレカと一緒に作品世界で冒険を体験できたところだと思います。その当時の男子たちの心をつかむことができたことで、歳を重ねても作品が生まれるたびに一緒に冒険を楽しんでいただけたのではないでしょうか。

また、長い期間作り続けたおかげで、各キャラクターの魅力も描くことができ主役の二人以外のファンも生まれたと思います。メカ・ロボットファンの方々には、かなりの数の KLF 等々が登場しましたし、今では少ない手描きのメカアクションも大きな魅力です。

様々な要素がありますが、ピュアなボーイ・ミーツ・ガールが一番の魅力なのではないでしょうか。

■ヒロインである「エウレカ」というキャラクターの持つ魅力について。


ファンの方からは「?」と思われるでしょうが、幸が薄いところが魅力です。16年間あらゆる不幸は一通り経験しているのでは?と思うくらいです。
上から目線では決してなく「この不幸な女性を幸せにしてあげたい」と男心を引き付けるところがあると思います。


【画像をクリックしてフォトギャラリーへ】
しかし、今回の『EUREKA』では、かよわい女性から強い女性に生まれ変わりました。随分とカッコ良くなってしまい驚きました。
それは、レントンへの依存心とは関係なく彼女の選択と強い意思が一人の女性として自立させた姿なのだと思います。
酒好きで、筋トレが趣味…今回のエウレカは今まで以上に人間臭い感じがして魅力的です。

本作で完結し一区切りですが、「エウレカ」という名前が継承される名称に昇華されたことで、新たな期待が生まれたのではないでしょうか。定点で立ち止まらず、進化し続ける「エウレカ」というキャラクターとまたいつか出会えたらなぁとぼんやり思っています。観る側で(笑)

『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』
全国公開中
配給:ショウゲート


(C)2021 BONES/Project EUREKA MOVIE
《仲瀬 コウタロウ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集