「ポケモン」ガラル地方ゴーストジムリーダーのオニオンがTVアニメ初登場! 声優・三浦千幸からコメント到着 | アニメ!アニメ!

「ポケモン」ガラル地方ゴーストジムリーダーのオニオンがTVアニメ初登場! 声優・三浦千幸からコメント到着

TVアニメ『ポケットモンスター』に、ガラル地方ゴーストジムのジムリーダー・オニオンが初登場。声優を担当するキャスト・三浦千幸よりコメントも到着した。

ニュース
注目記事
『ポケットモンスター』オニオン(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon
  • 『ポケットモンスター』オニオン(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon
  • 『ポケットモンスター』「ゴースト列車、出発、だよ…」場面カット(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon
  • 『ポケットモンスター』「ゲンガー頑張る!キョダイマックスへの道!!」場面カット(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon
  • 三浦千幸
  • 『ポケットモンスター』ロゴ(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon
TVアニメ『ポケットモンスター』に、ガラル地方ゴーストジムのジムリーダー・オニオンが初登場。声優を担当するキャスト・三浦千幸よりコメントも到着した。

オニオンは、2021年12月17日放送「ゴースト列車、出発、だよ…」及び、12月24日放送「ゲンガー頑張る!キョダイマックスへの道!!」の2週にわたり登場。


「ゴースト列車、出発、だよ…」場面カット
「ゴースト列車、出発、だよ…」で、ラテラルタウンに向かうためシュートシティ駅にやって来たサトシとゴウは、とある仮面の少年が落とした切符を渡すため、 何やら怪しげな”ゴースト列車”に乗車することに。
少年を探し車内を移動する最中、謎の石にぶつかってしまってからサトシの様子が何やらおかしいようで……。


「ゲンガー頑張る!キョダイマックスへの道!!」場面カット
「ゲンガー頑張る!キョダイマックスへの道!!」では、サトシとゴウがゲンガーをキョダイマックスさせるため、ラテラルタウンにいるゴーストジムのジムリーダー・オニオンの元を訪れる。
サトシのゲンガーをキョダイマックスさせるためには、ダイキノコで作ったダイスープを飲ませる必要があるという。個性的なゴーストタイプのポケモンがたくさん住む森から無事ダイキノコを集め、ゲンガーはキョダイマックスすることができるのか……。

オニオンは2週にわたり、どのように物語に関わってくるのか。放送を楽しみに待ちたい。

TVアニメ『ポケットモンスター』は、テレビ東京系にて毎週金曜18時55分より放送。
オニオンは12月17日放送回、12月24日放送回に登場。

<以下、コメント全文掲載>

オニオン役・三浦千幸



子どもの頃からずっと見ていた、 思い出深いアニメの一つでもあったTVアニメ「ポケットモンスター」に、 あのオニオンくん役で出られるなんて!と、 出演が決まった時はとても嬉しかったです。 ゲームをプレイした沢山の方が「好き」になるとても魅力にあふれた子なので、 大切に演じなくては…!と、 気合を入れて収録に臨みました。

人と会話することが苦手なのかな?と思うくらい口数が少ない子だからこそ、 音響監督さんともディスカッションをしながら、 オニオンくんの言葉ひとつひとつを丁寧に演じさせていただきました。 原作ゲームでは見られなかった、 彼の新しい一面を皆さんにお届けできるのが楽しみですし、 もっともっとオニオンくんのことを「好き」になってもらえたら嬉しいです。 彼なりに精一杯頑張っているところを、 見守って頂けたらと思います。

原案:田尻智/増田順一/杉森建
総監督:冨安大貴
監督:大和田 淳
クリエイティブスーパーバイザー:湯山邦彦
シリーズコンストラクション:米村正二
キャラクターデザイン:安田周平
脚本:吉田玲子/米村正二/赤尾でこ/藤咲淳一/土屋理敬/待田堂子/宮田由佳/松井亜弥/冨岡淳広/面出明美 ほか (執筆順)
音響監督:三間雅文
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:OLM
製作:テレビ東京/MEDIANET/ShoPro

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon

《CHiRO★》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集