アホ可愛い「ウマ娘」といえば? ツインターボやオグリをおさえた第1位は…【アンケ結果発表】 | アニメ!アニメ!

アホ可愛い「ウマ娘」といえば? ツインターボやオグリをおさえた第1位は…【アンケ結果発表】

『ウマ娘 プリティーダービー』のウマ娘たちを様々な角度から切り取るアンケート企画。今回は、“アホ可愛い”ウマ娘のアンケート結果を発表します。果たしてトレーナーは、誰のどんな行動を“アホ可愛い”と感じているのでしょうか。

ニュース
注目記事
アホ可愛い「ウマ娘」といえば?  ツインターボやオグリをおさえた第1位は…【アンケ結果発表】
  • アホ可愛い「ウマ娘」といえば?  ツインターボやオグリをおさえた第1位は…【アンケ結果発表】
  • アホ可愛い「ウマ娘」といえば?  ツインターボやオグリをおさえた第1位は…【アンケ結果発表】
  • アホ可愛い「ウマ娘」といえば?  ツインターボやオグリをおさえた第1位は…【アンケ結果発表】
  • アホ可愛い「ウマ娘」といえば?  ツインターボやオグリをおさえた第1位は…【アンケ結果発表】
  • アホ可愛い「ウマ娘」といえば?  ツインターボやオグリをおさえた第1位は…【アンケ結果発表】
  • アホ可愛い「ウマ娘」といえば?  ツインターボやオグリをおさえた第1位は…【アンケ結果発表】
  • アホ可愛い「ウマ娘」といえば?  ツインターボやオグリをおさえた第1位は…【アンケ結果発表】
  • アホ可愛い「ウマ娘」といえば?  ツインターボやオグリをおさえた第1位は…【アンケ結果発表】

『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するウマ娘たちを、様々な切り口からその魅力に迫るアンケート企画。今回は、トレーナーたちが推したい“アホ可愛い”ウマ娘の結果を発表します。

王道の“可愛い”からはやや外れ、抜けていたり天然なところがその可愛さを更に引き立たせる“アホ可愛さ”。トレーナーたちは、どのウマ娘のことを、そんな“アホ可愛い”ウマ娘だと受け止めているのでしょうか。

今回のアンケート結果から、その傾向と実態に迫ってみてください。また、どんなところに“アホ可愛さ”を感じたのか、数多く届いた生の声も併せてどうぞ。

ベスト10の下位グループから発表!


ユニークなお題だったためか、上位を除き、全体的に票が割れる形となりました。そのため今回は、ベスト10に絞ってそのランキングを公開。まずは、下位グループをまとめて紹介します。


早速、第10位を発表……と言いたいところですが、今回は同率で第9位が2名ランクイン。そのひとり目は、“皇帝”の二つ名でも知られている「トウカイテイオー」(2.4%)。普段は自信家な振る舞いも目立つ彼女ですが、証明写真機をプリクラだと思い込んでいた等、“アホ可愛い”エピソードにも事欠きません。

【読者の声】(一部抜粋)
・「マックイーン 1人にしないで、お願い」


意外と言えば、同率9位の「アグネスタキオン」(2.4%)も、予想していなかった人も多いのでは。研究者気質に加え、分析力や観察眼も目を見張るものがあり、“アホ可愛い”という言葉からは一見遠いように思います。が、没頭すると周りが見えなくなったり、専門外についてはズボラな面があったりと、アンバランスな部分に“アホ可愛い”を感じた方が少なくありません。

【読者の声】(一部抜粋)
・研究に夢中でご飯食べてないところとか、トレーナーに弁当ねだったりするところ


続く第8位は、「ハルウララ」(3.6%)。純真無垢で天真爛漫、そして物事を論理ではなく感情で理解するタイプなので、その表現や行動が時に独特な形になることも。その意味では、順当なランクインと言えるかもしれません。「一人しりとりで、んがついて負けるところ」など、具体的なエピソードを挙げる方もいました。

【読者の声】(一部抜粋)
・アニメ1期の「なんとなんと5着だよー」この台詞は、普通に考えても可愛い。けど1着じゃなくても喜べるのは、まさに“アホ可愛い”子だけだと思う。

・元から愛していましたが、アオハル杯の応援歌のくだりの「ありがとうございました~!」で悶絶するほど可愛さが究極に爆発してて最高でした。だからこそとても可愛いと思いました。


そして第7位に食い込んだのは、「マチカネタンホイザ」(4.8%)でした。育成ウマ娘としては未実装ながらも注目度が高く、「えい、えい、むん!」で多くのトレーナーを魅了したのも記憶に新しいところ。実装された際には、そんな“アホ可愛さ”も更に拍車がかかることでしょう。

【読者の声】(一部抜粋)
・「えい、えい、むん!」や、ゲームでの一言一言の発音がアホ可愛いです。

・イクノディクタスSRのサポートカードイベントで、タンホイザが勢いよくプールに飛び込んで鼻血を出しちゃうところ。

今回、第5位も同率だったため、ベスト10の下位グループは以上です。納得のウマ娘もいれば、ちょっと意外な参戦もありました。果たしてベスト5は、誰がどこに食い込んでいるのか。引き続きご覧ください。

《臥待 弦》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集