「花より男子」「ママレード・ボーイ」のアニメを知ってる? ニチアサ・美少女戦隊枠は、トレンディ少女マンガ枠だった! | アニメ!アニメ!

「花より男子」「ママレード・ボーイ」のアニメを知ってる? ニチアサ・美少女戦隊枠は、トレンディ少女マンガ枠だった!

変身ヒロインや、美少女戦隊が戦うアニメの放送時間帯は、実はちょっぴり“オトナ”なラブストーリーが放送されていた時期もありました。

ニュース
注目記事
『ママレード・ボーイ』書影 「Amazon.co.jp」より引用
  • 『ママレード・ボーイ』書影 「Amazon.co.jp」より引用
  • 『ご近所物語』書影 「Amazon.co.jp」より引用
  • 『花より男子』書影 「Amazon.co.jp」より引用

女の子なら、毎週日曜朝は楽しみにしているであろう変身ヒロインアニメ。現在では、『トロピカル~ジュ!プリキュア』が放送されており、本作は2004年より続くプリキュアシリーズ18作目にあたります。シリーズが始まる前は、『明日のナージャ』『おジャ魔女どれみ』シリーズ、『夢のクレヨン王国』などを放送。どの作品も女児向けのファンタジーな内容ですが、実は1994~1997年にかけて少女マンガを原作としたトレンディものが放送されていたこともありました。
本稿では、そんなアラサー世代懐かしのニチアサ・ラブストーリー系作品を振り返ってみたいと思います。

■「ママレード・ボーイ」


※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります。

『ママレード・ボーイ』は「りぼん」にて1992年~1995年まで連載された吉住渉先生による作品。吉住先生は、『ハンサムな彼女』『ミントな僕ら』『ウルトラマニアック』などの作品でも知られています。
最近では、ドラマ『科捜研の女』のマンガを担当し、Twitterで話題となりました。突然のコラボ企画、そして吉住先生による素敵な絵にファンからは喜びの声が溢れました。


TVアニメは1994年3月~1995年9月にかけて放送。2001年に台湾で実写ドラマ化、日本では2018年に桜井日奈子さん、吉沢亮さん主演で実写映画化も果たしています。


※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります。

ストーリーは、ヒロインがいきなり男の子と同居することになる、ドキドキなシチュエーション! 高校1年生の主人公・小石川光希は、ある日両親から離婚することを告げられます。そしてなんと、ハワイ旅行で出会った松浦夫妻とパートナーを“交換”して再婚すると発表。突拍子もない事態に反対する光希でしたが、結果的に松浦夫妻の息子・遊も含めた6人で新生活を送ることになります。
光希は、どこかつかめない性格の遊にからかわれて振り回されますが、次第に気持ちが惹かれていきます。ストーリーが展開するにつれ、読者・視聴者も遊にドキドキしていたのではないでしょうか。

タイトルの『ママレード・ボーイ』とは遊のことで、作中、光希が「ほんとはすっごく苦いとこあるのに みんなうわべの甘さでだまされて気づいていないの」と、ママレードに例えるシーンがあります。確かに、年頃の男の子らしい挙動や何気ない発言でも、あの甘いフェイスで言われると、ときめかずにはいられません……。
また、付き合いはじめてからの2人のいちゃつきや、光希の親友・茗子と先生の秘密の恋愛など、子どもながらに大人っぽいマンガだな~と思いながら読んでいた記憶があります。

さらに、続編となる『ママレード・ボーイ little』も見逃せません。『ママレード・ボーイ』の13年後を舞台にした、光希と遊の妹と弟の物語が描かれます。光希や遊をはじめ、初代のキャラクターが大人になっており、当時から読んでいた私はまたキャラクターに会えて感動&うれしいという感情が溢れてきてしまいました。もちろん、今作の主人公である立夏&朔たちも『ママレード・ボーイ』らしい展開を繰り広げていく、ドキドキが詰まった作品です。

■「ご近所物語」


※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります。

TVアニメ『ママレード・ボーイ』の後枠として、1995年9月~1996年9月に放送されたのが『ご近所物語』。本作は、『天使なんかじゃない』『下弦の月』『NANA -ナナ-』などで知られる矢沢あい先生の作品です。「りぼん」にて1995年から1997年まで連載されました。

主人公・幸田実果子は高校生ですが、服飾デザイン科に通っており、将来はデザイナーになって自分のブランドをつくることを目指して奮闘しています。同じマンションに住む幼馴染の山口ツトムをはじめ、個性豊かなサークル仲間たちと夢や恋愛に青春を謳歌する物語です。
高校生ながら夢にひたむきに進んでいく実果子の姿は、やはり大人びて見えました。何より登場キャラクターそれぞれのファッションがおしゃれでかわいくて、これらも大人っぽさを感じさせました。
また、矢沢先生といえばポップで独特なタッチの絵柄が特徴的。アニメ版でもしっかりと矢沢先生のタッチが活かされており、作品の世界観が忠実に再現されています。

『ご近所物語』は実写化はされていませんが、続編である『Paradise Kiss(パラダイス・キス)』が主演・北川景子さん&向井理さんで実写映画化されています。『Paradise Kiss』でも引き続き服飾やファッションショーなどを題材にしており、実果子たちの妹や、子どもたちが活躍しています。

■「花より男子」


※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります。

TVアニメ『ご近所物語』の後枠、そしてトレンディものの最後となった『花より男子』は、1996年9月から1997年8月まで放送されました。原作は1992年から2004年まで「マーガレット」で連載され、累計発行部数6,100万部を突破する神尾葉子先生の作品です。

主人公は、富裕層が通う学園に入学した、実は貧乏一家な牧野つくし。学園の中でも大金持ちで絶対的権力を持ち、花の4人組と呼ばれる「F4」の道明寺司に目をつけられ、いじめのターゲットとなる“赤札”を貼られてしまいます。赤札を貼られれば生徒全員から攻撃を受けることとなり、生卵を投げつけられたり、机がなくなったり、無視されたり、先生までもが知らんぷりなのです。

当時アニメを見ていた私は、高校ってなんて怖い場所なんだろう……と不安に思った記憶があります。そんな気持ちになりつつも見続けていたのは、花沢類の存在が大きいです。
F4のひとりである花沢類は、作中はもちろん現実世界の女性も多く虜にしていたであろうキャラクター。クールでミステリアスな雰囲気に、女の子たちはどこか惹かれてしまうのだと思います。そしてやはりなんといっても、イケメン! つくしが落ち込んだり困ったりしたときに現れ、手助けしてくれるところも素敵でした。

台湾をはじめ韓国、中国、タイなど世界各国でTVドラマ化され、日本では2005年に井上真央さん、松本潤さん、小栗旬さんら出演でドラマ化し好評を博しました。シーズン2も制作されたほか、続編である『花のち晴れ~花男 Next Season~』が2018年に杉咲花さん、平野紫耀さん主演でドラマ化されたのも記憶に新しいですね。

*****
以上、トレンディ作品3点を振り返ってみました。“恋愛”をメインにした大人っぽい作品でしたが、アニメ放送当時は楽しく見ていた記憶がありますし、大人になって見返しても変わらず面白かったです。当時から作品を知っている方も、実写版しか見たことがなかった人も、ぜひこの機会にアニメやマンガをチェックしてみてはいかがでしょうか。
《スーサイド・モモ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース