「進撃の巨人」The Final Season第76話「断罪」、2022年1月放送開始! 監督がコメント「あのシーンがどのように映像化されるのか…」 | アニメ!アニメ!

「進撃の巨人」The Final Season第76話「断罪」、2022年1月放送開始! 監督がコメント「あのシーンがどのように映像化されるのか…」

TVアニメ『進撃の巨人』The Final Season第76話「断罪」の放送日が、2022年1月に決定した。

ニュース
注目記事
『進撃の巨人』The Final Season第76話「断罪」(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会
  • 『進撃の巨人』The Final Season第76話「断罪」(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会
  • 『進撃の巨人』The Final Season第76話「断罪」(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会
TVアニメ『進撃の巨人』The Final Season第76話「断罪」の放送日が、2022年1月に決定した。

『進撃の巨人』は、諫山創が2009年の「別冊少年マガジン」創刊から連載しているダークファンタジーだ。
3月28日の第75話「天地」放送終了後、「“待っていたんだろ”“ずっと”“二千年前から”“誰かを”』という言葉と、エレン達の軌跡の特別告知映像がながれるとともに、第76話「断罪」の放送が発表に。

そして2021年8月22日に開催された「進撃の巨人オーケストラコンサート」にて、第76話の放送開始時期が2022年1月に決定。
あわせて林祐一郎監督からは、「お待たせしました! The Final Season Part2(第76話「断罪」)が来年1月からスタートします! シガンシナ区での大規模戦闘から巨人の起源に迫る物語へと、いよいよ佳境に迫っていきます。映像的にも多くの新たなチャレンジをしています。あのシーンがどのように映像化されるのか……どうぞお楽しみに!」と意気込みを語った。


『進撃の巨人』The Final Season第76話「断罪」は、2022年1月より放送開始。
また、同エピソード放送の前に、これまでの物語を振り返る特別総集編、さらにリヴァイ、アニ、ミカサなどの視点で語られるオリジナルアニメの放送も予定している。

■イントロダクション
「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。
自由のために戦った。名は――進撃の巨人」
ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。
ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。
それでもなお、彼らは進み続けなければならない。
壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。
――やがて時は流れ、一度目の「超大型巨人」襲来から6年。
調査兵団はウォール・マリア外への壁外調査を敢行する。
「壁の向こうには海があって、海の向こうには自由がある。ずっとそう信じてた……」
壁の中の人類が、初めて辿り着いた海。
果てしなく広がる水平線の先にあるのは自由か、それとも……?
エレン・イェーガーの物語は、新たな局面を迎える。

■スタッフ
原作 諫山 創(別冊少年マガジン/講談社)
監督:林祐一郎
シリーズ構成:瀬古浩司
キャラクターデザイン:岸 友洋
総作画監督:新沼大祐
演出チーフ:宍戸淳
エフェクト作画監督:酒井智史 古俣太一
色彩設計:末永絢子
美術監督:小倉一男
画面設計:淡輪雄介
3DCG監督:上薗隆浩
撮影監督:浅川茂輝
編集:吉武将人
音響監督:三間雅文
音楽:澤野弘之/KOHTA YAMAMOTO
音響効果:山谷尚人(サウンドボックス)
音響制作:テクノサウンド
アニメーションプロデューサー:松永理人
制作:MAPPA

■キャスト
エレン・イェーガー:梶 裕貴
ミカサ・アッカーマン:石川由依
アルミン・アルレルト:井上麻里奈
コニー・スプリンガー:下野 紘
サシャ・ブラウス:小林ゆう 
ヒストリア・レイス:三上枝織
ジャン・キルシュタイン:谷山紀章
ライナー・ブラウン:細谷佳正
ハンジ・ゾエ:朴 璐美
リヴァイ:神谷浩史
ジーク:子安武人
ファルコ・グライス:花江夏樹
ガビ・ブラウン:佐倉綾音
ピーク:沼倉愛美
ポルコ・ガリアード:増田俊樹
ウド:村瀬歩
ゾフィア:川島悠美
コルト・グライス:松風雅也

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会
《CHiRO★》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集