「蜘蛛ですが、なにか?」元女子高生(?)蜘蛛の美しき最終形態! アラクネのフィギュア登場 | アニメ!アニメ!

「蜘蛛ですが、なにか?」元女子高生(?)蜘蛛の美しき最終形態! アラクネのフィギュア登場

『蜘蛛ですが、なにか?』より、原作版の主人公「私」が最終進化形態“アラクネ”の姿でフィギュア化。カドカワストア、電撃屋などにて現在予約受付中だ。

ニュース
注目記事
「『蜘蛛ですが、なにか?』原作版『私』アラクネ/白織 1/7スケールフィギュア」通常版31,350円(税込)/限定版33,000円(税込)(C)Okina Baba, Tsukasa Kiryu 2021
  • 「『蜘蛛ですが、なにか?』原作版『私』アラクネ/白織 1/7スケールフィギュア」通常版31,350円(税込)/限定版33,000円(税込)(C)Okina Baba, Tsukasa Kiryu 2021
  • 「『蜘蛛ですが、なにか?』原作版『私』アラクネ/白織 1/7スケールフィギュア」通常版31,350円(税込)/限定版33,000円(税込)(C)Okina Baba, Tsukasa Kiryu 2021
  • 「『蜘蛛ですが、なにか?』原作版『私』アラクネ/白織 1/7スケールフィギュア」通常版31,350円(税込)/限定版33,000円(税込)(C)Okina Baba, Tsukasa Kiryu 2021
  • 「『蜘蛛ですが、なにか?』原作版『私』アラクネ/白織 1/7スケールフィギュア」通常版31,350円(税込)/限定版33,000円(税込)(C)Okina Baba, Tsukasa Kiryu 2021
  • 「『蜘蛛ですが、なにか?』原作版『私』アラクネ/白織 1/7スケールフィギュア」通常版31,350円(税込)/限定版33,000円(税込)(C)Okina Baba, Tsukasa Kiryu 2021
  • 「『蜘蛛ですが、なにか?』原作版『私』アラクネ/白織 1/7スケールフィギュア」通常版31,350円(税込)/限定版33,000円(税込)(C)Okina Baba, Tsukasa Kiryu 2021
  • 「『蜘蛛ですが、なにか?』原作版『私』アラクネ/白織 1/7スケールフィギュア」通常版31,350円(税込)/限定版33,000円(税込)(C)Okina Baba, Tsukasa Kiryu 2021
  • 「『蜘蛛ですが、なにか?』原作版『私』アラクネ/白織 1/7スケールフィギュア」通常版31,350円(税込)/限定版33,000円(税込)(C)Okina Baba, Tsukasa Kiryu 2021
『蜘蛛ですが、なにか?』より、原作版の主人公「私」が最終進化形態“アラクネ”の姿でフィギュア化。カドカワストア、電撃屋などにて現在予約受付中だ。


「『蜘蛛ですが、なにか?』原作版『私』アラクネ/白織 1/7スケールフィギュア」
本商品は、原作イラスト担当・輝竜司による「蜘蛛ですが、なにか?Ex」ピンナップにも使用された、描き下ろしイラストを立体化したフィギュア。
「私」の最終進化形態である「アラクネ」と、人型「白織」を組み換え再現できる欲張り仕様となっている。


「『蜘蛛ですが、なにか?』原作版『私』アラクネ/白織 1/7スケールフィギュア」
さらに、ミライト(別売)をセットすることで、蜘蛛ヘッドの目が光るギミックも搭載。
大きく巻いた髪の毛、大ボリュームの蜘蛛ヘッドなど、細部まで作り込まれた造形で魅力的に仕上がった。


「『蜘蛛ですが、なにか?』原作版『私』アラクネ/白織 1/7スケールフィギュア」
なお、限定版には特典としてB2布ポスターが付属する。


限定版特典:B2布ポスター
「『蜘蛛ですが、なにか?』原作版『私』アラクネ/白織 1/7スケールフィギュア」の価格は、通常版31,350円(税込)/限定版33,000円(税込)。現在、カドカワストア、電撃屋、エビテンなどで9月1日まで予約受付中。2022年6月発売予定。

■『蜘蛛ですが、なにか?』原作版「私」アラクネ/白織 1/7スケールフィギュア
・仕様:ABS&PVC製塗装済み完成品
・スケール:1/7スケール
・全高:約240mm
・原型制作:あきもふ
・彩色:taumokei
・企画:カドカワBOOKS編集部
・制作:KDcolle(KADOKAWAコレクション)
・発売元:KADOKAWA
・価格: 通常版31,350円(税込)/限定版33,000円(税込)
・予約締切日:2021年9月1日(水)
・お届け時期:2022年6月予定

(C)Okina Baba, Tsukasa Kiryu 2021
《曙ミネ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集