梅雨のジメジメな時期こそ堪能したい【ヤンデレキャラ】まとめ 「フルバ」紫呉「薄桜鬼」南雲薫ほか5選(男性キャラ編) | アニメ!アニメ!

梅雨のジメジメな時期こそ堪能したい【ヤンデレキャラ】まとめ 「フルバ」紫呉「薄桜鬼」南雲薫ほか5選(男性キャラ編)

「梅雨の時期にこそ堪能したい【ヤンデレキャラ】5選」と題して、アニメ作品に登場するヤンデレキャラクターをご紹介。本稿では【男性キャラ編】をお届けします!

ニュース
注目記事
『フルーツバスケット』The Final 第2話先行カット(C)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会
  • 『フルーツバスケット』The Final 第2話先行カット(C)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会
  • (c)IF・DF/「劇場版 薄桜鬼」製作委員会
  • 「AMNESIA」(c)IF・DF/「AMNESIA」製作委員会
  • 『フルーツバスケット』The Final 第2話先行カット(C)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会
  • 『コードギアス 反逆のルルーシュ』キービジュアル(C)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design(C)2006-2017 CLAMP・ST(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
  • (C)藤原ここあ/スクウェアエニックス・「妖狐×僕SS」製作委員会・MBS
  • (C)藤原ここあ/スクウェアエニックス・「妖狐×僕SS」製作委員会・MBS
気象庁は6月14日、「関東甲信地方が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。

気候は想像以上に人間の体に影響を与えており、雨の日のどんよりした空模様で気分が落ち込む人も多数。出かける予定があっても気分がノらなかったり、せっかくセットした髪も湿気でボサボサに…なんて経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

そんな陰鬱な気分を少しでも盛り上げる要素とは、そうだ…愛だ! それも、特大級に大きなやつ!

今回アニメ!アニメ!では「梅雨の時期にこそ堪能したい【ヤンデレキャラ】5選」と題して、アニメ作品に登場するヤンデレキャラクターをご紹介。好意を持つ相手への異常な愛情表現をしてしまうヤンデレたち。もしかしたら、そんな重すぎる愛が、あなたの陰鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれるかもしれません。

本稿では【男性キャラ編】をお届けします!

女性キャラ編はコチラ

■心配ゆえに檻に軟禁…『AMNESIA』トーマ


「AMNESIA」(c)IF・DF/「AMNESIA」製作委員会
『AMNESIA』(c)IF・DF/「AMNESIA」製作委員会
まず紹介するのは、2011年にオトメイトより発売された乙女ゲームを原作として、2013年に放送されたアニメ『AMNESIA(アムネシア)』。

乙女ゲーム原作だけあって攻略対象は多数いるのですが、放送当時「ヤバすぎる!」と話題になったヤンデレキャラクターといえば、トーマ(CV:日野聡さん)。5つの攻略ルートがある中、DV・イジメ・軟禁などの要素が含まれていて、一番刺激的なルートとなっていました。

そう、「軟禁」です! 「CV:日野聡」からわかる通り、人当たりが良い兄タイプのトーマ。主人公を守ろうと行動してくれるのですが、徐々に恐怖が始まっていきます。心配ゆえの行動とはいえ、家に無理やり連れ込む、主人公が外に出るのを嫌がる、そして最終的にはぬいぐるみが詰め込まれた檻に軟禁されます。愛ゆえの行動が狂気過ぎている!

アニメでは展開が決まっていましたが、ゲームでは「GOOD」「NOMAL」「BAD」ENDの3分岐が存在。ぜひ、3通りのトーマの愛を堪能していただきたいです。オススメは…もちろんBAD ENDです。

■嫉妬で相手の母親と関係を持ってしまう…『フルーツバスケット』草摩紫呉


『フルーツバスケット』The Final 第2話先行カット(C)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会
『フルーツバスケット』The Final 第2話先行カット(C)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会
現在放送中のTVアニメ『フルーツバスケット』にも、一際歪んだ愛情を持つキャラクターがいますよね。そう、草摩紫呉(CV:中村悠一さん)です。
再アニメ化が発表された際、原作のラストまでが描かれるとあり「歪んだ紫呉が見られる…!」と筆者は歓喜しました。

放送中の作品ですので、あまりネタバレに触れるようなことはしませんが、すでに放送された中でも「想い人である慊人が別の男と寝たから、腹いせにその母親と関係を持つ」「慊人を自分だけのものにしたいから、透を利用する」など、ヤバさが伺えます。
『フルーツバスケット』The Final 第2話先行カット(C)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会
「The Final」とタイトル付けられた今クールの放送も、間もなく終了。最終回に向けて辛い展開が続いていますが、紫呉や慊人、その他のキャラクターは果たして幸せな結末を迎えることができるのでしょうか。原作のラストを知っている方も知らない方も、ぜひ最後まで見届けましょうね!

■“本物”の弟になりたいと、妹殺害を計画…『コードギアス』ロロ


『コードギアス 反逆のルルーシュ』キービジュアル(C)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design(C)2006-2017 CLAMP・ST(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
『コードギアス 反逆のルルーシュ』(C)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design(C)2006-2017 CLAMP・ST(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
“ヤンデレ”の対象は、恋愛感情を持つ異性に限りません。『コードギアス 反逆のルルーシュ』(2006年)のロロ・ランペルージ(CV:水島大宙さん)が代表的なキャラクターです。

『コードギアス 反逆のルルーシュ』の続編『~R2』(2008年)に突如として現れ、一部記憶が書き換えられた主人公・ルルーシュの「弟」と名乗り始めたロロ。もともとはルルーシュを監視・暗殺目的で弟に成りすました工作員だったにも関わらず、ルルーシュから注がれた家族としての愛情に感化され、依存していきます。例え偽りの愛だったとしても……。

その愛ゆえに、ルルーシュの本当の妹であるナナリーに強い嫉妬心を抱いており、殺害を目論むほど。しかし、記憶を取り戻したルルーシュに、そういった行動を憎悪され、「散々使い倒して、ボロ雑巾のように捨ててやる」と捨て駒のように扱われました。

■「犬になりたい」ストーカー…『妖狐×僕SS』御狐神双熾


(C)藤原ここあ/スクウェアエニックス・「妖狐×僕SS」製作委員会・MBS
『妖狐×僕SS』(C)藤原ここあ/スクウェアエニックス・「妖狐×僕SS」製作委員会・MBS
“主従”という関係性にも、ヤンデレは存在。代表的なのは『妖狐×僕SS』(2012年)の御狐神双熾(CV:中村悠一さん)です。

主となる白鬼院凜々蝶に、初対面で「どうか僕を貴女のしもべに、いえ犬にして下さい!」と懇願。その言葉通り、まるで“忠犬”のように凜々蝶のそばを離れず、献身的に尽くします。
凜々蝶には過保護といえるほどの愛を注ぐ一方で、その他の人物には興味なさげに対応する様子からも「狂愛」っぷりを感じます。
(C)藤原ここあ/スクウェアエニックス・「妖狐×僕SS」製作委員会・MBS
『妖狐×僕SS』(C)藤原ここあ/スクウェアエニックス・「妖狐×僕SS」製作委員会・MBS
凜々蝶からのメールは大量にバックアップを取る、もらった食べ物は防腐して保存するなどストーカーじみた行いもしており、それはアニメ第2話と第9話のEDとなった「楽園のPhotograph」で確認できます。「隠し撮り動画 LET’S再生」「捧げるGPS」などの歌詞や、部屋に大量に貼られた写真などの映像に、視聴者は騒然となりました。ぜひアニメと一緒に、そのEDも楽しんでほしいです。

■自分の辛さを、同じく辛さでわかってほしい…『薄桜鬼』南雲薫


(c)IF・DF/「劇場版 薄桜鬼」製作委員会
『劇場版 薄桜鬼』(c)IF・DF/「劇場版 薄桜鬼」製作委員会
「シスコン、しかもヤンデレ」という尊い存在を生み出したのは、乙女ゲーム原作のTVアニメ『薄桜鬼』(2010年)。その中に登場する南雲薫(CV:伊藤葉純さん)は、主人公の生き別れの双子の兄です。初対面時は女装しており、主人公に瓜二つということもあって、謎の存在でもありました。

両親亡き後、土佐の南雲家に養子に。ひどい扱いを受けて育ったため、幸せな生活を送ってきた主人公を妬む一方、「たった一人の血を分けた妹」ということで守ってやりたい気持ちもあり、愛憎入り混じった歪んだ感情を抱いています。さまざまな方法で主人公を苦しめてくるのですが、それは「自分の辛さをわかってほしいから」。辛さを分かち合った時、昔のように“対等”になれると思って行動しています。

メディアミックス作品なので、さまざまなエンディングが楽しめる『薄桜鬼』ですが、実はこの南雲薫は悲しい結末しかありません。この記事を読んで興味を持った方は、ぜひ南雲薫の最期に注目してください。不憫だからこそ愛しくてたまらなくなると思います。

■ヤンデレで憂鬱な梅雨も楽しもう!


以上、筆者が厳選した【ヤンデレキャラ】5名を紹介させていただきました。

ジメジメして憂鬱な気分になる梅雨。さまざまなヤンデレキャラクターに触れて、憂鬱な気分も楽しんでもらえたら嬉しいです。

女性キャラ編はコチラ
《米田果織》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集